JDK 7やEclipseをサポート、Bambooとの連携も

Herokuが「Enterprise for Java」発表、エンタープライズ対応強化

2012/09/20

 米Salesforce.com傘下のHerokuは9月19日、クラウドでJavaアプリケーションを構築して実行できるエンタープライズ向けの新サービス「Heroku Enterprise for Java」を発表した。2011年8月に発表したJava対応を、エンタープライズ向けにさらに強化することになる。

 これまでJavaアプリ開発にはさまざまな開発ツールやランタイムインフラが必要とされ、アプリ開発と導入には何カ月もかかっていたとHerokuは説明。これに対してHeroku Enterprise for Javaでは、エンタープライズ向けに、初めて完全なJavaソリューションを1つのパッケージとして提供するとしている。

 発表資料で同社COOは「エンタープライズデベロッパは、バックエンドインフラを構築する手間にわずらわされずに革新的なアプリケーションを開発できる、より良い方法を求めていた。Heroku Enterprise for Javaでは、オープンなクラウドプラットフォームをシングルクリックで簡単に利用でき、Javaにおける開発のあらゆるメリットが享受できる」とコメントしている。

 サービスは「Salesforce Platform」の一部として提供され、主な特徴として、JDK 7と最新版のJDK 8ビルドを含むJava JDK/JVMのサポートに加え、高度なアプリの開発に必要なシステムをフルスタックで提供。HerokuのPaaS機能を活用した開発とステージングのための別環境も用意する。

 さらに、商品開発用のコラボレーションソフトを手掛けるAtlassianのインテグレーションサービス「Bamboo」との連携により、アプリケーション配信プロセスの自動化に対応した。Eclipseのネイティブサポート、SLA保証付きのエンタープライズクラスサポートなども盛り込んでいる。

 料金はアプリケーション当たり月間1000ドルから。同日よりサービスの提供を開始している。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Coding Edge フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...