1000万ドルの資金を調達

OpenStack Foundationが発足

2012/09/20

 OpenStackプロジェクトは9月19日(米国時間)、OpenStack Foundationを設立した。今後は非営利団体として活動を拡大していくことになる。OpenStackのホームページによると、同プロジェクトは現在約5600人、850の組織が参加。Piston Cloud Computingのプレスリリースによると、同プロジェクトは9月時点で1000万ドルの資金を確保したという。

 理事会は24人で構成されており、議長はSUSEのアラン・クラーク(Alan Clark)氏、副議長にはシスコのルー・タッカー(Lew Tucker)氏が就任した。

 8月にOpenStackプロジェクトへの参加を申請していたヴイエムウェアは9月7日、インテル、NECとともにゴールドメンバーとしての参加を認められた。ヴイエムウェアからは現在のところ、理事会メンバーは出ていない。Quantumプロジェクトを率いてきたNiciraのダン・ウェンドランド(Dan Wendlandt)氏は同プロジェクトのテクニカルリードを続けるが、所属企業名は「VMware」と記載されている。

 ヴイエムウェアのOpenStack参加については、先日掲載したインタビュー記事の後半をご覧いただきたい。

openstack01.jpg OpenStack Foundationのプラチナメンバー。同団体は上からプラチナ、ゴールド、コーポレートの3種のサポーターメンバーを置いている

 ゴールドメンバーには上記のほかにシスコ、Morphlabs、ネットアップ、デル、Yahoo、Piston Cloud Computing、Cloudscaling、Mirantis、DreamHost、そして台湾のクラウドコンピューティング協会であるCCATがいる。最上位のプラチナメンバーにはAT&T、HP、Rackspace、RedHat、SUSE、Red Hat、IBM、Nebula,Canonicalが名を連ねている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...

ミレニアル世代とZ世代 日本では5割超が経済見通しを悲観――デロイト トーマツ調査
ミレニアル世代とZ世代では組織で成功するスキルとして「柔軟性・適応性」を挙げた人が最...