1000万ドルの資金を調達

OpenStack Foundationが発足

2012/09/20

 OpenStackプロジェクトは9月19日(米国時間)、OpenStack Foundationを設立した。今後は非営利団体として活動を拡大していくことになる。OpenStackのホームページによると、同プロジェクトは現在約5600人、850の組織が参加。Piston Cloud Computingのプレスリリースによると、同プロジェクトは9月時点で1000万ドルの資金を確保したという。

 理事会は24人で構成されており、議長はSUSEのアラン・クラーク(Alan Clark)氏、副議長にはシスコのルー・タッカー(Lew Tucker)氏が就任した。

 8月にOpenStackプロジェクトへの参加を申請していたヴイエムウェアは9月7日、インテル、NECとともにゴールドメンバーとしての参加を認められた。ヴイエムウェアからは現在のところ、理事会メンバーは出ていない。Quantumプロジェクトを率いてきたNiciraのダン・ウェンドランド(Dan Wendlandt)氏は同プロジェクトのテクニカルリードを続けるが、所属企業名は「VMware」と記載されている。

 ヴイエムウェアのOpenStack参加については、先日掲載したインタビュー記事の後半をご覧いただきたい。

openstack01.jpg OpenStack Foundationのプラチナメンバー。同団体は上からプラチナ、ゴールド、コーポレートの3種のサポーターメンバーを置いている

 ゴールドメンバーには上記のほかにシスコ、Morphlabs、ネットアップ、デル、Yahoo、Piston Cloud Computing、Cloudscaling、Mirantis、DreamHost、そして台湾のクラウドコンピューティング協会であるCCATがいる。最上位のプラチナメンバーにはAT&T、HP、Rackspace、RedHat、SUSE、Red Hat、IBM、Nebula,Canonicalが名を連ねている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

2019年度の統合型マーケティング支援市場は前年度比24.3%増の見込み――ITR調査
統合型マーケティング支援市場のB2B、B2C別の規模推移および予測です。

マーケティングと営業の連携、施策投下数を最優先させた「失敗体験の蓄積」という考え方――Chatwork
日本最大級のビジネスチャット「Chatwork」を提供するChatworkのMAツール活用について聞...

国内企業における新型コロナウイルスの影響 大企業の3割が「すでに影響が出ている」――東京商工リサーチ調査
国内企業に新型コロナウイルスの影響を聞いています。