1000万ドルの資金を調達

OpenStack Foundationが発足

2012/09/20

 OpenStackプロジェクトは9月19日(米国時間)、OpenStack Foundationを設立した。今後は非営利団体として活動を拡大していくことになる。OpenStackのホームページによると、同プロジェクトは現在約5600人、850の組織が参加。Piston Cloud Computingのプレスリリースによると、同プロジェクトは9月時点で1000万ドルの資金を確保したという。

 理事会は24人で構成されており、議長はSUSEのアラン・クラーク(Alan Clark)氏、副議長にはシスコのルー・タッカー(Lew Tucker)氏が就任した。

 8月にOpenStackプロジェクトへの参加を申請していたヴイエムウェアは9月7日、インテル、NECとともにゴールドメンバーとしての参加を認められた。ヴイエムウェアからは現在のところ、理事会メンバーは出ていない。Quantumプロジェクトを率いてきたNiciraのダン・ウェンドランド(Dan Wendlandt)氏は同プロジェクトのテクニカルリードを続けるが、所属企業名は「VMware」と記載されている。

 ヴイエムウェアのOpenStack参加については、先日掲載したインタビュー記事の後半をご覧いただきたい。

openstack01.jpg OpenStack Foundationのプラチナメンバー。同団体は上からプラチナ、ゴールド、コーポレートの3種のサポーターメンバーを置いている

 ゴールドメンバーには上記のほかにシスコ、Morphlabs、ネットアップ、デル、Yahoo、Piston Cloud Computing、Cloudscaling、Mirantis、DreamHost、そして台湾のクラウドコンピューティング協会であるCCATがいる。最上位のプラチナメンバーにはAT&T、HP、Rackspace、RedHat、SUSE、Red Hat、IBM、Nebula,Canonicalが名を連ねている。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:

Server & Storage フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「ECプラットフォーム」 売れ筋TOP10(2021年5月)
一部の都道府県では、新型コロナ第4波のための緊急事態宣言が続いています。オンラインシ...

Brightcove、放送局レベルの品質でライブ配信イベントを実現する「Virtual Events for Business」を発表
企業やチーム単位で、安全かつ信頼性の高い放送品質のライブ配信イベントを社内外に配信。

売れる仕組みは「AI」で作る(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...