新たな認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」を開始

動画のワイヤレス伝送をより簡単に、Wi-Fi Alliance

2012/09/20

 Wi-Fi Allianceは9月20日、無線LAN通信機能を搭載したデバイス間で、シームレスに動画や写真、音声データの伝送を可能にする認定プログラム「Wi-Fi CERTIFIED Miracast」を開始した。

 Wi-Fi CERTIFIED Miracastは、これまでWi-Fi Allianceが同様に認定してきた「Wi-Fi CERTIFIED n」「Wi-Fi Direct」のほか、セキュリティ機能の「Wi-Fi Protected Access 2(WPA2)」、トラフィック管理を実現する「Wi-Fi Multimedia(WMM)」といった要素技術を下敷きにしている。アクセスポイントなどのインフラが用意されていない環境でも、コンテンツを保存している「ソース」と、それを表示させる「ディスプレイ」を検出してWi-Fi Directでダイレクトに接続し、機器の性能に応じて伝送を最適化する仕組みだ。

 スマートフォンに保存した写真や動画をテレビで楽しんだり、ケーブルやアダプタ類の設定を行うことなくラップトップPCの画面をプロジェクタに映し出すといった具合に、認定を受けた機器の間でマルチメディアデータを手軽に共有できるようになる。

 Wi-Fi Alliance マーケティングディレクターのケリー・デイヴィス フェルナー氏によると、すでにBroadcom Dualband 11n WiFiやIntel WiDiなどが認定を受け、Wi-Fi CERTIFIED Miracastのテストスイートとしても使われることになる。また、消費者向け製品としては、LGエレクトロニクスの「Optimus G」やサムスン電子の「Galaxy S III」といったスマートフォンが認定を受ける見込みだ。

 「Wi-Fi CERTIFIED Miracastは業界全体を網羅したプログラム。ベンダを問わず、さまざまなデバイスの間であらゆるコンテンツを手軽に伝送できる」(フェルナー氏)。

関連リンク

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...