コンプライアンス関連機能や対応DBを強化

Linuxシステム管理製品の最新版「SUSE Manager 1.7」リリース

2012/09/24

 米SUSEは9月19日に開いたユーザーカンファレンスのSUSEConで、Linux環境向けシステム管理製品の最新版となる「SUSE Manager 1.7」のリリースを発表した。

 SUSE Managerは、SUSE Linux Enterprise ServerとRed Hat Enterprise Linuxサーバの両方を一元管理できるソリューション。バージョン1.7では柔軟性の向上とコンプライアンス機能の強化を図った。

 コンプライアンス関連では、ソフトウェアのパッチやアップデート管理用にOpenSCAPをサポートしたほか、特定のセキュリティ侵害の兆候を予防的に監視できるようになった。

 また、オープンソースのPostgreSQLデータベースを新たにサポートし、Oracle 10g/11gに加え、PostgreSQLデータベースも選択できるようになった。

 IPv6アドレスにも対応し、SUSE Linux Enterprise Serverのライフサイクル管理の効率性向上を図っている。

関連リンク

(@IT 鈴木聖子)

情報をお寄せください:

Linux & OSS フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...