顧客拠点との接続も計画

さくら、専用サーバやクラウドをL2で接続する「ハイブリッド接続」

2012/09/25

 さくらインターネットは9月25日、同社が提供する複数のサービスを同一のローカルネットワークで接続し、1つのインフラシステムとして構築できるようにする「ハイブリッド接続」を発表した。

 ハイブリッド接続は、別々に構築、運用されてきたホスティングサービスやクラウドサービスをレイヤ2ネットワークで接続し、同一セグメント化するサービスだ。これにより、クラウドと専用サーバ、仮想サービスと物理サーバを組み合わせ、それぞれのメリットを活かした1つのインフラを構築できるようになる。

sakura01.jpg

 当初は、同社の石狩データセンターで提供する「さくらのクラウド」「さくらの専用サーバ」「リモートハウジング」の3サービスが対象だが、順次ほかのデータセンターやサービスにも対象を拡大する予定だ。また、顧客の拠点との接続も視野に入れており、そうなればオンプレミスのシステムも含めた仮想プライベートクラウドの構築も可能になる。

 ハイブリッド接続の基本料金は、初期費用が5250円、月額料金は2625円。接続するサービスごとに必要な「接続費用(100Mbps 共有回線ベストエフォート)」は月額2625円。10月3日から提供を開始する。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

Master of IP Network フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...