スキャン画面の裏側で個人情報を外部に送信

偽ウイルス対策ソフトがAndroidにも、シマンテックが警告

2012/09/26

 シマンテックは9月26日、「電池長持ち」「電波改善」など、ユーザーに便利な機能をうたって個人情報を盗み出す悪質なAndroidアプリに続き、今度は、ウイルス対策アプリを装う悪質アプリが登場したとして、ブログで注意を呼び掛けた。

symantec01.jpg ウイルススキャンを装って個人情報を送信する悪質アプリ

 PCの世界で広く被害を及ぼしていた偽のセキュリティ対策ソフトが、Androidにも登場したことになる。

 同社によると、この悪質アプリの名称は「安心ウイルススキャン」。インストールすると、定義ファイルをダウンロードし、あたかもAndroid端末内をスキャンしているかのような画面が表示されるが、これはただのおとりで、実際にはウイルス対策の機能などは備えていない。

 むしろその間に、デバイスに保存されているすべての連絡先が外部サイトにアップロードされてしまう。だが「アプリ自体はもっともらしい作りになっているので、疑わしい点を見出すのは困難」(同社)という。

 シマンテックによればこの悪質アプリは、過去の類似アプリと同様に、スパムメール経由で拡散している。また、偽のGoogle Play風ページを作成してアプリをホストし、ユーザーをだまそうとする手口も見つかったという。

 これを踏まえて同社は、知らない送信者から、アプリのダウンロードリンクが載っているメールが送られてきた場合などは注意し、安易にそこで紹介されているアプリをダウンロードしないよう勧めている。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH