64ビットOS対応やさらなる高速化を実現

国産セキュアVM、「BitVisor」がバージョンアップ

2012/09/27

 イーゲルと東京大学情報基盤センター 品川高廣准教授らの研究グループは9月26日、純国産の仮想マシンモニタの最新版、「BitVisor Version 1.3」をリリースした。

 BitVisorは、仮想マシン技術を活用して情報漏えいなどを防ぎ、クライアントマシンを保護することを目的に開発されたソフトウェアだ。修正BSDライセンスで、オープンソースソフトウェアとして公開されている。

 当初は、政府が進める「セキュア・ジャパン」の中で構想され、筑波大学を中心とした「セキュアVMプロジェクト」で開発されてきた。その後この成果は、東京大学情報基盤センターとイーゲルによって開発が続けられている。

 BitVisorの特徴は、OS上のアプリケーションではなく、ハードウェアとOSの間に位置する「仮想マシンモニタ」で、ストレージの暗号化やIPSec VPNによるネットワーク接続、ICカードによるID管理、物理ポートに対するアクセス制御を、既存のOSに変更を加えることなく実現できることだ。また独自の「準パススルー方式」を採用することでオーバヘッドを減らし、高速にこれらセキュリティ機能を実現できる。なお動作には、Intel VTもしくはAMD-Vといった、ハードウェアによる仮想化支援機能が必要となる。

 新バージョンでは、ゲストOSとして64ビットOSをサポートしたほか、Intev VT-xやAMD-Vへの対応を強化し、動作速度の高速化を図った。また、バックグラウンド暗号化機能の追加により、ゲストOSを利用しながら、その裏側でハードディスクを暗号化できるようにし、導入負担を軽減している。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:



Security&Trust フォーラム 新着記事
- PR -

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH