ニュース
» 2013年02月20日 18時23分 UPDATE

21日には開発者向けプレビュー版を公開へ:Canonical、タブレット向け「Ubuntu on tablets」を発表

Canonicalは2月19日、タブレット向けのUbuntu、「Ubuntu on tablets」を発表した。

[鈴木聖子,@IT]

 Canonicalは2月19日、タブレット向けのUbuntu、「Ubuntu on tablets」を発表した。同社はこれを「スマートフォン、タブレット、PC、テレビの全フォームファクタに共通するパーソナルコンピューティングに向けた次のステップ」と位置付けている。

 Ubuntu on tabletsはマルチタスクに対応し、画面上でスマートフォンアプリとタブレットアプリを同時に利用できる。1台のタブレットに複数のアカウントを設定することも可能で、個人情報はフル暗号化してセキュリティを確保。端末を音声で操作できる「Heads-Up Display」(HUD)などの機能も搭載した。

mt_canonical01.jpg

 画面サイズは6〜20インチ、解像度は100〜450ppiに対応する。キーボードを装着すれば、Microsoft、Citrix、VMware、Wyseの標準プロトコルを介してWindowsアプリケーションにリモートでアクセスできる。

 21日には開発者向けのプレビュー版「Touch Developer Preview」を披露する予定で、Nexus 7とNexus 10、およびNexus 4やGalaxy Nexusといったスマートフォン向けのインストールガイドも提供する。ソースコードなどは開発者サイトの「developer.ubuntu.com」で公開予定。

 Ubuntu on tabletsはスマートフォン、PC、テレビなどと共通するOSを使っていることから、「真のデバイスコンバージェンス」を実現できるとCanonicalは説明。現在スマートフォン向けアプリに対応している「Preview SDK」はタブレットアプリにも対応予定で、デベロッパはスマートフォン、タブレット、PC、テレビに対応した単一のアプリケーション開発が可能になるとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。