ニュース
» 2013年04月11日 18時15分 UPDATE

Windows 8の不発響く?:世界PC出荷台数、過去最高の落ち込み――IDC調査

米調査会社IDCが4月10日に発表した統計によると、2013年1〜3月期の世界PC出荷台数は7630万台となり、前年同期より13.9%減少した。同社が1994年に統計を取り始めて以来、最大の落ち込みとなった。

[鈴木聖子,@IT]

 米調査会社IDCが4月10日に発表した統計によると、2013年1〜3月期の世界PC出荷台数は7630万台となり、前年同期より13.9%減少した。

 減少率はIDCが予想していた7.7%を大きく上回り、同社が1994年に統計を取り始めて以来、最大の落ち込みとなった。PC出荷は4期連続で前年を下回る状況が続いている。

 PC出荷は世界の全地域で前年に比べて減少。コンシューマーがタブレットやスマートフォンに流れる中で、特にミニノートの衰退が響いた。

 IDCはさらに、Windows 8に対する反応の薄さも要因として挙げ、「Windows 8の発売はPC市場の押し上げに失敗しただけでなく、市場を減速させてしまったようだ」(クライアント&ディスプレイ担当副社長ボブ・オドネル氏)と分析する。「Windows 8の新しいフォームファクタとタッチ機能を評価する声もあるが、UIの大胆な変更、スタートボタンの消滅、タッチ関連のコストのために、タブレットなどの代替端末に対してPCの魅力が薄れた」(同氏)という。

 日本では、サポート打ち切りが来年に迫ったWindows XPの買い替え需要をある程度の景気回復期待が後押ししているものの、コンシューマー向けの出荷は依然として不調だという。

 メーカー別では世界シェアトップのHewlett-Packard(HP)が前年比で出荷台数23.7%の大幅な減少。2位のLenovoは横ばい、3位のDellは10.9%減、4位のAcer Groupは31.3%減、5位のASUSは19.2%減だった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。