連載
» 2013年08月08日 17時00分 UPDATE

無料でCreative Cloudを使い倒せ(9):AIR+ScoutによるモバイルAIRアプリチューニング (1/2)

Flash+ScoutによるWebアプリのチューニングに続き、今回はAIR+Scoutを用いたモバイルAIRアプリのチューニングを紹介する。

[廣畑大雅,taiga.jp, クラスメソッド株式会社]

 前回(Flash+ScoutによるWebアプリチューニング)に引き続き、「Adobe Scout(以下、Scout)を使用したAdobe AIR(以下、AIR)アプリケーションのプロファイリングについて解説します。

 Scoutは、Adobe Creative Cloudのメンバーであれば、無償メンバーでも期間限定で利用できます。

詳細Telemetryを使用したプロファイリング

 AIRアプリケーション――特にモバイル向けアプリケーション――のプロファイリングを行うには、Telemetryを意識することが重要です。まずは詳細Telemetryを有効にする方法を確認しましょう。

Flash Professional CCで詳細Telemetryを有効にする

 Flash Professional CCでは、FLAファイルを開いて「パブリッシュの設定」ダイアログ上にある「詳細なtelemetryを有効にする」チェックボックスを有効にします(図1)。これだけで書き出されるSWFのTelemetryは有効になります。

01.png 図1:「新規セッションの設定」セクション

Flash Builder 4.7で詳細Telemetryを有効にする

 Flash Builder 4.7では、ActionScriptコンパイラー 2.0(ASC 2.0)を使用する「ActionScriptプロジェクト」および「ActionScriptモバイルプロジェクト」のみ、Telemetryを有効することができます(図2)。

02.png 図2:Flash Builder 4.7の「新規」メニュー

 作成したプロジェクトのプロパティを開き「ActionScriptコンパイラー」オプションを選択します。「コンパイラーオプション」内の「Telemetryオプション」 → 「詳細なTelemetryを有効にする」のチェックボックスを有効にすることで、書き出されるSWFのTelemetryは有効になります(図3)。

03.png 図3:プロジェクトのプロパティ「ActionScriptコンパイラー」

モバイル上のAIRアプリケーションをプロファイリング

 Scoutは、前述の詳細Telemetryを有効にする方法に加えて、専用の設定ファイルを用意することによって、USB経由でリモートデバッグしているモバイル上のAIRアプリケーションをプロファイリングできるようになります。

telemetry.cfgの用意

 telemetry.cfgの書式は以下の通りです。

TelemetryAddress=192.168.1.2:7934
CPUCapture=true
SamplerEnabled=true
ScriptObjectAllocationTraces=true
DisplayObjectCapture=true
Stage3DCapture=true
telemetry.cfgの例
  • TelemetryAddress
    Scoutを起動している端末のIPアドレス、およびScoutで設定したポート番号
  • CPUCapture
    「CPU使用率」の有効/無効パラメータ
  • SamplerEnabled
    「ActionScriptサンプラー」の有効/無効パラメータ
  • ScriptObjectAllocationTraces
    「ActionScriptメモリ割り当て」の有効/無効パラメータ
  • DisplayObjectCapture
    「DisplayListレンダリングの詳細」の有効/無効パラメータ
  • Stage3DCapture
    「Stage3Dレンダリング」の有効/無効パラメータ
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。