連載
» 2014年01月31日 10時14分 UPDATE

Tech TIPS:Google ChromeのWindows 8モードを使う

Windows 8/8.1向けのGoogle ChromeにWindows 8モードという動作モードが加わった。このWindows 8モードとはどのようなものなのか。その機能概要やメリット、注意点などを解説する。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対応ソフトウェア:Google Chromeブラウザー(Windows 8/8.1)



解説

 Windows 8/8.1向けのGoogle Chrome(以下、Chrome)は、バージョン32.0.1700.76から「Windows 8モード」と呼ぶ新しい動作モードが加わっている(バージョンは、アドレスバー右のメニューアイコンをクリックし、「Google Chromeについて」メニューを選択すると分かる)。Chromeの設定ボタンをクリックすると、「Windows 8モードでChromeを再起動」というメニューが増えていることに気付くだろう(Windows 7上のChromeではこのメニューは表示されない)。このWindows 8モードとはどのようなものなのか解説する。

Windows 8/8.1向けのGoogle Chrome のメニュー Windows 8/8.1向けのGoogle Chrome のメニュー
Chrome バージョン32.0.1700.76をWindows 8/8.1にインストールすると、新たに設定ボタンのメニューに「Windows 8モードでChromeを再起動」という項目が追加される。
  (1)「Windows 8モードでChromeを再起動」という項目が追加されている。

操作方法

 Windows 8/8.1にChromeをインストールすると、前述の通り、設定ボタンをクリックした際に表示されるメニューに「Windows 8モードでChromeを再起動」という項目が表示されている。これをクリックするとChromeが再起動し、全画面モード(没入型)で起動される。日本では未発売のChrome OSを搭載したノートPC「Chromebook」と同様の画面構成となり、画面下部のタスクバーに相当する部分には、Chromeの他、GmailやGoogle検索、Googleドキュメント、YouTubeを起動するための「ランチャー」が用意されている。左下にはメニューアイコンもあり、ここをクリックするとChromeアプリのアプリリストが表示される。アプリリストにあるアプリのアイコンをランチャーにドラッグ&ドロップすると、ランチャーに登録することも可能だ。

Windows 8モードで起動したChrome Windows 8モードで起動したChrome
Windows 8モードでは、全画面でChromeが起動する。ブラウザー部分は画面サイズを小さくしたり、複数のブラウザー画面を開いたりすることができる。
  (1)「ランチャー」。Windows OSのクイック起動バーに相当する機能。
  (2)「メニューアイコン」。Chromeアプリのアプリリストが表示される。→[A]

[A]

Chromeのアプリリスト Chromeのアプリリスト
画面左下のメニューアイコンをクリックすると、アプリリストが表示される。ここにあるアイコンをランチャーにドラッグ&ドロップすると、ランチャーに登録できる。

 なおChromeを終了するには、Windows 8ストアアプリと同様、上から下へ向けてスワイプ操作する。また通常のブラウザーで利用するには、設定ボタンをクリックした際に表示されるメニューの「デスクトップでChromeを再起動する」を選択すればよい。Chromeが再起動されて、Windows 8のデスクトップ画面にChromeが起動した状態になる。

●ChromeのWindows 8モードの注意点

 ChromeのWindows 8モードには幾つか注意すべき点がある。まず、Chromeを標準ブラウザーとして設定した場合、Internet Explorer(IE)はWindows 8ストアアプリ型(没入型)では動作せず、常にデスクトップモードとなる。

 IEをWindows 8ストアアプリとして起動するには、IEを既定のブラウザーに設定し、[インターネット オプション]ダイアログの[プログラム]タブの「リンクの開き方を選択」を「Internet Explorerで自動的に判別する」、「Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く」のチェックを外す。ただし、この設定を行うと、ChromeのWindows 8モードに変更する際に、「この種類のリンク(http)を開くには、どのアプリを使いますか?」というダイアログが表示され、「今後もInternet Explorerを使う」「Google Chrome」「ストアでアプリを探す」から選択することになる。ここで「Google Chrome」を選択しないと、Windows 8モードでChromeを使うことはできない。またChromeをWindows 8モードで使うと、IEは常にデスクトップでしか開けなくなってしまう。IEをWindows 8ストアアプリで利用したい人は、ChromeをWindows 8モードに切り替えないようにすること。

[インターネット オプション]ダイアログの[プログラム]タブの画面 [インターネット オプション]ダイアログの[プログラム]タブの画面
ChromeをWindows 8モードで開くと、IEが常にデスクトップモードでしか開かなくなる。Windowsストアアプリとして開くには、[インターネット オプション]ダイアログの[プログラム]タブでIEを既定にプラウザーに変更し、「Internet Explorerタイルをクリックするとデスクトップで開く」のチェックを外す。
  (1)ここをクリックして、IEを既定にプラウザーに変更する。
  (2)ここのチェックを外す。

IEを既定のブラウザーに設定した状態でChromeをWindows 8モードで起動した際に表示されるダイアログ IEを既定のブラウザーに設定した状態でChromeをWindows 8モードで起動した際に表示されるダイアログ
IEを既定のブラウザーに設定した状態で、ChromeのWindows 8モードに変更しようとすると、このダイアログが表示される。「Google Chrome」を選択しないと、ChromeをWindows 8モードで起動できない。
  (1)ChromeをWindows 8モードで起動するには、ここで「Google Chrome」を選択する。

 またChromeリモートデスクトップなど一部のChromeアプリは、ChromeのWindows 8モードをサポートしておらず、デスクトップモードで再起動した後に実行する必要がある。切り替えが面倒であれば、常にデスクトップモードで起動するようにした方がよい。

Windows 8モードのChromeでChromeリモートデスクトップを実行した際の画面 Windows 8モードのChromeでChromeリモートデスクトップを実行した際の画面
ChromeリモートデスクトップはWindows 8モードに対応しておらず、デスクトップモードでの再起動が要求される。
  (1)ここをクリックしてChromeをデスクトップモードで再起動後、Chromeリモートデスクトップが利用可能になる。

 原稿執筆時点の最新バージョンであるChrome 32.0.1700.102でも、Windows 8モードで日本語の入力ができない。IMEの切り替えが行えず、常に直接入力モードとなってしまう。そのため、日本語による検索や入力などが行えないので注意が必要だ。日本語を入力する際には、デスクトップモードへの切り替えが必要になる。この不具合については、すでにGoogleに報告が行われており、今後修正が行われる予定ということだ。

 ChromeのWindows 8モードの操作性はChromebookと同様である。日本で未発売のChromebookの雰囲気をChromeのWindows 8モードで味わうことができる。GmailやGoogleドライブも素早く起動できるので、Googleのクラウドサービスを主に使っている人には便利なモードとなっている。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。