連載
» 2016年02月26日 05時00分 UPDATE

Tech TIPS:Google Chart APIを使ってQRコードを作る

Google Chart APIを使ってQRコードを作成する方法を紹介する。Webページ内に埋め込むことで、エンコードするURLの変更にも容易に対応できるというメリットがある。

[小林章彦,デジタルアドバンテージ]
Tech TIPS
Windows Server Insider


「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象ソフトウェア:Webブラウザ



解説

 今やさまざまな場所で見かけるようになってきたQRコード。プレゼンテーション資料やスマートフォン向けアプリのダウンロード先をQRコードにしておき、簡単に入手できるようにするといった使い方も一般的になってきた。

 スマートフォンにURLやテキストを送りたいとき、メールやネットワークストレージを経由するという方法もあるが、QRコードに変換すると手軽だ。

 QRコードを作成するサービスはいろいろあるが、本稿ではWebサービスAPIとして、QRコードの作成をサポートしているグーグルの「Google Chart API」を紹介する。

操作方法

 Google Chart APIを使ってQRコードを作成するのは簡単で、Webブラウザのアドレスバーに以下のようなURLを指定すればよい。

http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=130x130&chl=http://www.atmarkit.co.jp/ait/subtop/win/

QRコードを作成するためのGoogle Chart APIのURL
このURLをWebブラウザで開くと、Windows Server Insiderのトップページを示すQRコードがGoogle Chart APIで作成される。

 上記のURLは、以下のようにQRコードにエンコードされ、Webブラウザに画像として表示される。

Google Chart APIを使って作成されたQRコード Google Chart APIを使って作成されたQRコード
上記のURLでQRコードを作成した。
  (1)WebブラウザのアドレスバーにGoogle Chart APIでエンコードしたいデータなどを指定する。
  (2)データがエンコードされてQRコードが表示される。

 上記URLの「http://chart.apis.google.com/chart?」がGoogle Chart APIのURL、「cht=qr」がGoogle Chart APIでQRコードを作成するための指定、「chs=130x130」が作成されるQRコードのサイズ、「chl=http://www.atmarkit.co.jp/ait/subtop/win/」がQRコードにエンコードするデータである。指定するパラメーターなどは次の通りである。

パラメーター 必須/オプション 説明
cht=qr 必須 QRコードを作成する
chs=<幅>x<高さ> 必須 作成するQRコードのサイズ。同じ値を指定する。
chl=<データ> 必須 エンコードするデータ。数字(0〜9)/英数字/バイナリデータ/漢字の指定が可能。QRコード内のデータ型は混在できない。データはUTF-8でURLエンコードする必要がある
choe=<文字コード> オプション 出力文字コード。以下の値から選択可能
・UTF-8(デフォルト)
・Shift_JIS
・ISO-8859-1
chld=<エラー訂正レベル>|<マージン> オプション <エラー訂正レベル>は、QRコードの読み取り不能や間違いの修正を可能とする割合。訂正レベルが高いほどQRコードのドット数が増える。

・L  − 約7%が復元可能(デフォルト)
・M − 約15%が復元可能
・Q − 約25%が復元可能
・H − 約30%が復元可能

<マージン>は、QRコードと画像の端までの余白幅。ピクセル数ではないので注意。デフォルトの値は「4」。
Google Chart APIのQRコードに関するパラメーター

 URLでQRコードが作成できるため、例えばWebページ上にスマートフォンアプリのダウンロード先をQRコードにしたい場合でも、QRコードを画像として貼り付けるのではなく、URLを指定するだけで済む。そのため、エンコードするURLの変更にも容易に対応できるというメリットがある。またJavaScriptなどを使って動的にURLを生成して、QRコードにエンコードするといった使い方にも対応可能だ。

<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=130x130&chl=http://www.atmarkit.co.jp/ait/subtop/win/">

Google Chart APIを使ってWebページ内でQRコードを作成する例
このようにURLを指定することで、QRコードをWebページ内に表示することができる。URLを変更する際にも、いちいち画像を貼り直す必要がない。

 ここでは、URLをQRコードにする例を示したが、文字などをQRコードにすることも可能だ。ただ英数字以外のデータをQRコードにエンコードする場合、パーセントエンコーディング(URLエンコード:半角スペースを「%20」といったように符号化すること)を行う必要がある点に注意したい。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© 1999-2017 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

Focus

- PR -

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。