Special
» 2017年03月21日 07時00分 公開

高性能を無駄遣いしない各種ルールの徹底も鍵に:「Oracle Exadata+マルチテナント」でデータベース集約/運用の効率がさらに向上 パナソニックISが基幹データベース統合で証明 (3/3)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

Oracle Enterprise Managerを活用したきめ細かな監視でトラブルを防止

 辻本氏の講演では、統合データベース基盤の安定稼働のためにパナソニック インフォメーションシステムズが行っている、さまざまな運用上の取り組みも紹介された。例えば、管理ツールとして利用しているOracle Enterprise Managerで運用担当者が頻繁にチェックしているのはトップアクティビティーだという。

 「データベースのロックや異常が発生すると即座に情報が掲示されるため、例えばパッチを当てた翌日や大きな作業をする際には、まずこの画面でシステムの状態を確認しています」(辻本氏)

 また、独自にカスタマイズを行い、データベースの行ロックによりセッションがブロックされた際、どのセッションがどのテーブルをロックしているのか、それによってどれだけのセッションが待たされるのかを把握できるようにしている。

パナソニック インフォメーションシステムズが安定稼働のために注意している「リアルタイム監視」の項目

 過去の傾向をモニタリングすることにより、未然にトラブルを防ぐ「傾向監視」の取り組みも進めている。具体的には、直接SQLを実行し、その平均実行時間やCPU使用率の平均推移、I/Oリクエストのシステム単位での推移、データ量の増加などを時系列で把握しているという。

 「こうしたモニタリングを行うことで、テーブルの件数が増えていないのにテーブルの容量だけが増えているといったことも分かります。これにより、挙動の怪しいSQLを発見し、テーブルが断片化しているなどといった事象を早期に把握できるわけです」(辻本氏)

パナソニック インフォメーションシステムズが安定稼働のために注意している「傾向監視」の項目

 辻本氏は最後に、Oracle Exadataによるデータベース統合の成果も明らかにした。まず運用負担については、導入前に8システムを5人で運用していたのが、現在は7人で170システムを管理できるようになったという。つまり、システム当たりの運用工数を約15分の1に削減できたわけだ。また、コスト削減については、ライセンスや保守サポートの集約によって合理化が実現された。

パナソニック インフォメーションシステムズによる統合DB・専任DBA組織導入による成果

 IT全般統制への対応については、開発と運用の担当者を完全に分離し、DBAだけが本番環境を変更できるようにしたことで、「開発者が誤って本番環境のデータを消してしまうといったトラブルがなくなった」と説明。また、「DBAの作業を全て自動的に記録しているため、内部統制の強化にもつながった」と話す。

 パナソニック インフォメーションシステムズでは、以上の取り組みを通じて蓄積したノウハウを、顧客企業へのOracle Exadata導入などのシステムインテグレーションサービスでも活用し、各社のデータベース統合を成功に導いている。Oracle Exadataによるデータベース統合に際して豊富な知見とノウハウを持つシステムインテグレーターの支援を受けたいという企業は、同社の導入支援サービスを活用されるとよいだろう。

関連資料

Oracle Exadataにより、従来のシステム基盤では成し得なかったさまざまなIT改革/ビジネス改革を成し遂げた企業の最新事例をダウンロード資料としてまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

※ダウンロードにはTechTargetジャパンへの会員登録が必要です


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年4月20日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。