連載
» 2018年07月30日 05時00分 公開

Tech TIPS:Windows 10などでIPアドレスやMACアドレスを確認する方法

ネットワークのトラブルシューティングなどのために、IPアドレスやデフォルトゲートウェイ、DNS/DHCPサーバ情報などを調査したいことがある。そのためには、ipconfigコマンドがよく使われるが、GUI画面でも確認できる。その方法をまとめておく。

[打越浩幸,デジタルアドバンテージ]
「Tech TIPS」のインデックス

連載目次

対象OS:Windows 8.1/Windows 10/Windows Server 2012/Windows Server 2012 R2/Windows Server 2016


 ネットワークのトラブルシューティングの際に、ローカルのPCに割り当てられているIPアドレスや、(イーサネットやWi-Fiの)MACアドレスを確認しなければならないことがある。

 Windows 7の場合は、コマンドプロンプトを開いて「ipconfig」や「ipconfig /all」コマンドを実行することが多かったが、Windows 8.1/Windows Server 2012以降ならGUI画面からでも容易に確認できるようになっている。いくつか方法があるので、本TIPSではそれらの方法をまとめておく。

タスクマネージャーの[パフォーマンス]タブでIPアドレスを確認する

 PCに装着されているネットワークインタフェース(イーサネットやWi-Fiなど)と、そこに割り当てられているIPアドレスをチェックする一番簡単な方法は、タスクマネージャーを使うことだ。これならGUI操作だけですぐに確認できる。

 タスクマネージャーを起動して[パフォーマンス]タブに切り替え、左側の一覧から「イーサネット」や「Wi-Fi」というグラフを選択する。すると、右側に通信状態が表示されると共に、その下にIPv4とIPv6のIPアドレス、ドメイン名などの情報が表示される。

タスクマネージャーでネットワーク情報を確認する タスクマネージャーでネットワーク情報を確認する
Windows 10などでは、タスクマネージャーのパフォーマンスタブでネットワークを選択すると、このインタフェースに割り当てられているIPアドレスやDNSドメイン名情報を確認できる。

 PCに複数のインタフェースがある場合は(仮想マシンやVPNなどで利用する仮想ネットワークインタフェースも含む)、それぞれ異なるIPアドレスが割り当てられているのが一般的である。

 ネットワークのトラブルシューティングなどを行う場合は、IPアドレス情報と共に、(DNSの)ドメイン名などにも注目する。例えばDHCPサーバからIPアドレスを取得できない場合は、IPアドレスが「169.254.〜.〜」というAPIPAアドレスになるだけでなく、ドメイン名情報が表示されない、という状態になる(ことが多い)。

 なお、タスクマネージャーを起動するには、[Ctrl]+[Shift]+[Esc]キーを押すか、タスクバーを右クリックして[タスクマネージャー]メニューを選択する。[簡易表示]になっている場合は、左下に表示されている[詳細]ボタンをクリックして、詳細表示モードに切り替えておくこと。

ゲートウェイ(ルーター)情報やDNSサーバ、MACアドレス情報なども確認するには?

 上記のタスクマネージャーで確認する方法は簡単だが、IPアドレスとドメイン名ぐらいしか表示されない。それ以外の、例えばゲートウェイ情報(ルーターのIPアドレス)やDNSサーバアドレス、DHCPサーバアドレス、イーサネットやWi-FiアダプターのMACアドレス情報なども確認したい場合は、他の方法を利用する。

 これらの情報を確認する方法はいくつかあるが、Windows 10やWindows Server 2016なら、[設定]アプリで確認できる。

 [設定]アプリを起動して[ネットワークとインターネット]を選択する。左側のメニューの一番上にある[状態]を選ぶと、右側に現在のネットワークの状態が表示される。タスクバーにあるネットワークアイコンを右クリックして[ネットワークとインターネットの設定を開く]を選んでもよい。

 表示された「状態」画面の下の方に[ネットワークのプロパティを表示]というリンクがあるので、これをクリックする。これにより、現在のネットワークアダプタの一覧と、それに割り当てられているIPアドレスやゲートウェイ、DNS/DHCPサーバの情報などの一覧が表示される。

[設定]アプリでネットワーク情報を確認する(1) [設定]アプリでネットワーク情報を確認する(1)
[設定]アプリでネットワーク情報を確認するには、アプリ起動後、[ネットワークとインターネット]を選択する。

[設定]アプリでネットワーク情報を確認する(2) [設定]アプリでネットワーク情報を確認する(2)
左側のリンクで[状態]を選択する。なお、上の方にある[アダプターのオプションを変更する]をクリックすると、後述のコントロールパネルのネットワーク設定画面を素早く開くことができる。

[設定]アプリでネットワーク情報を確認する(3) [設定]アプリでネットワーク情報を確認する(3)
ネットワークインタフェースごとの詳細な割り当て情報を確認できる。

[コントロールパネル]の[ネットワークとインターネット]で確認する

 Windows 7などと同様、Windows 10やWindows Server 2012でも、[コントロールパネル]の[ネットワークとインターネット]でネットワークアダプタの設定画面を表示させて、ネットワーク情報を確認できる。

 このためには、[コントロールパネル]で[ネットワークとインターネット]にある[ネットワークと共有センター]を開き(Windows 10の場合はTIPS「Windows 10で素早くコントロールパネルを開く方法」参照)、左側のメニューから[アダプターの設定の変更]を選択する。

 ネットワークアダプタの一覧が表示されたら、どれか1つアダプターを選んでダブルクリックし、表示された「状態」画面で[詳細]ボタンをクリックすると、割り当てられたIPアドレスなどの情報を確認できる。

[コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(1) [コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(1)
まず[コントロールパネル]で[ネットワークと共有センター]を開く。タスクバーにあるネットワークのアイコンを右クリックして、[ネットワークとインターネットの設定を開く]を実行してもよい。この画面が開いたら、左側にある[アダプターの設定]をクリックする。

[コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(2) [コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(2)
ネットワークインタフェースの一覧が表示されるので、いずれかのアイコンをダブルクリックして開く。

[コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(3) [コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(3)
ネットワークインタフェースの「状態」が表示されるので、[詳細]をクリックする。

[コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(4) [コントロールパネル]でネットワーク情報を確認する(4)
表示されたネットワークインタフェースの状態。IPアドレスやゲートウェイなどの情報を確認できる。なお、この画面上で[Ctrl]+[C]キーを押すと、この内容をテキストとしてコピーできる。

「Tech TIPS」のインデックス

Tech TIPS

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。