検索
Special
「Solarisは分からない!」という企業も心配はご無用:

PCI DSS準拠のデータ管理基盤も短期間でかんたん構築「MiniCluster S7-2」で今すぐセキュア&高性能なプライベートクラウド基盤を手に入れる (1/3)

社会のさまざまな領域でデータ活用が加速する今日、「セキュアで高性能なプライベートクラウド基盤を短期間で構築したい」というニーズは高い。例えば、2018年3月までのPCI DSS準拠が迫っているEC業界などは、その一例だ。この悩みを解決するのに最適なシステム基盤としてオラクルが提供しているのが「Oracle MiniCluster S7-2」である。なぜSPARCなのか。なぜSolarisなのか。プライベートクラウド基盤アプライアンスに対するオラクルの戦略も交えながら、その理由を探ろう。

PC用表示
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena
PR

「統合システム基盤やセキュアなデータ管理基盤を短期間で導入したい!」このニーズをカバーするOracle MiniCluster S7-2

photo 日本オラクル 常務執行役員 クラウド・システム事業統括の大月剛氏

 今、IT資源活用の効率化やコスト最適化、情報セキュリティ強化などの目的から、どの企業も「社内に散在するアプリケーションやデータベースを集約/統合したシステム基盤を構築したい」「強固なセキュリティを備えたデータ管理基盤を作りたい」と考えていることだろう。しかし、IT部門が業務ユーザーのデータ活用支援などに追われている事情も反映し、「できるだけ手間をかけずに短期間で作り、運用管理も楽に行いたい」といった要件が加わることも多い。もちろん、性能や信頼性は高い水準で確保しなければならない。

 こうした困難な要求が昨今、業界を問わず聞こえてくる。直近の代表例としては、クレジットカード情報の取り扱いに関するセキュリティ規格である「PCI DSS(Payment Card Industry Data Security Standard)」準拠までの期限が2018年3月に迫ったEC業界が挙げられる。

 日本オラクルでシステム基盤事業を統括する大月剛氏(常務執行役員 クラウド・システム事業統括)は、「このような課題で悩むお客さまに強くお勧めしているのが、『Oracle MiniCluster S7-2』です」と話す。これは、ハードウェアからソフトウェアまでが事前に構成/検証済みの状態で届けられるEngineered Systemsの1製品であり、エントリーレベルからハイエンドまで、企業のニーズに応じたさまざまなシステム基盤を取りそろえるSPARC製品の中ではミドルレンジに位置する。

SPARCの製品ラインアップ
photo Oracle MiniCluster S7-2

 それでは、なぜOracle MiniCluster S7-2が上述した課題の解決に適するのか? システム基盤に対するオラクルの戦略も交えて、その理由を紹介していこう。

オラクルはSPARC製品でもハイブリッドクラウドを指向

 オラクルは現在、企業ITに関してクラウドも含め広範なソリューションを提供しているが、そのカバー範囲をシステム基盤からアプリケーションまでの縦軸と、オンプレミスからパブリッククラウドまでの横軸で表したものが次の図だ。

オラクルはクラウドが普及した今日の企業システムの構成要素を包括的に提供

 図からも分かるように、オラクルは、クラウドが普及した今日の企業システムの構成要素を包括的に提供している。しかも、単に全てをカバーしているだけではない。

 「上の図をシステム基盤に注目して見た場合、従来のオンプレミス型からアプリケーションやデータベースを集約/統合して効率的に運用管理するプライベートクラウド、さらにはパブリッククラウドへと順次発展していく様子が分かります。この3つの領域を同じ技術でカバーすることにより、お客さまがオンプレミスで培ったIT資産やノウハウを容易にクラウドに移行し、必要に応じて両者を使い分けるハイブリッドクラウド環境を実現できることが、他社にはないオラクルの最大の強みです」(大月氏)

 オラクルはOracle Databaseをはじめとするミドルウェア製品や企業アプリケーション製品、そしてシステム基盤製品で多数のユーザーを抱える。それらのユーザーがクラウド時代も通じて自社のIT資産を自在に発展させていくのを全面的に支援することが、このような戦略を採る最大の理由である。

オラクルのクラウド戦略におけるシステムの重要性

 このハイブリッドクラウドを指向するオラクルの戦略は、SPARC製品に関しても同様だ。SPARC製品は先に紹介したようにさまざまな製品を取りそろえており、企業はこれらを用いることで、オンプレミスやプライベートクラウド環境に高いパフォーマンスとセキュリティを備えた堅牢なシステム基盤を構築することができる。

 それに加えて、オラクルはパブリッククラウドであるOracle CloudでもSPARC環境を提供している。企業はオンプレミスやプライベートクラウドのIT資産をそのままパブリッククラウド上でも利用することができる。

 「これは他社のUNIXプラットフォームにはないSPARC/Solarisならではのメリットであり、お客さまにぜひ積極的にご活用いただきたい特長でもあります。オンプレミスのシステムをメインで利用するお客さまも、SPARC/Solarisならばピーク時のオフロード先や事業継続性向上のためのDR(Disaster Recovery:災害復旧)環境としてパブリッククラウドを手軽に利用できます。また、パブリッククラウドへの移行を積極的に推進しつつも一部のシステムはオンプレミスに残したいというお客さまも、両者を同じ技術/ノウハウで統合的に運用管理していくことができます。SPARC/Solarisならば、システム基盤の領域で“オンプレミスとクラウドのいいとこ取り”ができるのです」(大月氏)

Solarisなら、オンプレミスもクラウドも同じ技術で利用可能
プライベート基盤アプライアンス Oracle MiniCluster

スピーディに導入できてハイパフォーマンス、しかもセキュア SPARC製品の見方が変わる「Oracle MiniCluster S7-2」の実力

 こうしたオラクルならではの特長を備えるSPARC製品の中でも、アプリケーション/データベース統合基盤やセキュアなデータ管理基盤を短期間で構築したいという企業に注目してもらいたいのがプライベートクラウド基盤アプライアンス「Oracle MiniCluster S7-2」である。その理由は、同製品が次のような特長を備えているからだ。

短期導入/ハイパフォーマンス

 事前に構成/検証を済ませたEngineered Systemsとして提供。用途に応じたシステムの最適化設定を支援するツール「バーチャル・アシスタント」を搭載し、汎用的なサーバ製品と比べて圧倒的に短期間で導入することができる。さらに、運用開始後は高いパフォーマンスを発揮する

Oracle Databaseを高速実行

 独自のSoftware in Silicon技術により、Oracle Databaseをインメモリ時に高速に実行するためのアクセラレータをSPARCプロセッサに内蔵する

強固なセキュリティ

 プロセッサやOSのレベルで強固なセキュリティ機構を備え、パフォーマンスに影響を与えることなくセキュアな環境を実現。システムの要件に応じたセキュリティ/コンプライアンス設定も簡単に行える

 これらの特長により、高品質なシステム基盤を短期間で導入できるのだ。


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年10月19日

       | 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

特集ページ

関連記事

クラウドの利用やビッグデータの活用など、企業のIT環境は変革期を迎えている。そのIT基盤を支える技術として、あるハードウェアアーキテクチャを再評価する機運が高まっている。その最新動向を追う。

金融や通信、小売など幅広い業界の企業システムとして長年支持を集めてきたプラットフォームが今、大きな進化を遂げようとしている。どのような将来像を提示するのだろうか。

三井住友海上あいおい生命保険では、保険契約に関するシステム基盤を全面更改し、2015年1月から本稼働を開始している。切り替え作業に要した時間はわずか2日足らず。「全く不安がなかった」と信頼を寄せる技術とは。

ページトップに戻る