特集:データベースパフォーマンス最大化の技術

組織の重要な資産の一つである「データ」を支えるデータベースシステム。特集ではハード・ソフトの両面からデータベースシステムを最適化、高速化する手法を紹介。DBAが主導してデータ資産の価値を高める方法を考える。

TopStory

データベース高速化のいま(5):

管理ツールだけに頼るのではなく、OSやメモリ、ストレージなどの知識を駆使した現代的なデータベースのチューニングテクニックとは?

(2015年10月16日)

特集:DB高速化のいま

データベース高速化のいま(1):

組織の重要な資産の一つである「データ」を支えるデータベースシステム。本特集ではハード面からデータベースシステムを最適化、高速化する手法を紹介。今回はフラッシュストレージの使いどころを探っていく。

(2015年9月2日)
データベース高速化のいま(2):

データベースパフォーマンス改善の取り組みでは、システム全体の中でどこに着目するかで、その後のコストや運用工数は大きく変わる。企業におけるデータベースパフォーマンス改善の取り組みから、「発想の転換」の実例を見てみよう。

(2015年9月18日)
データベース高速化のいま(3):

今回は、2015年9月11日に開催した@IT編集部主催セミナー「DB高速化道場」から、Oracle Databaseの性能改善を題材にした二つのセッションをリポートする。データベースパフォーマンス改善のトピックではあるが、運用改善にも効果が期待できる内容だ。

(2015年9月25日)
データベース高速化のいま(4):

PCIe型フラッシュストレージも大容量化が進み、価格がこなれてきた。標準プロトコルか独自ドライバーか、実績か先進機能かと、選択肢が増えてきた魅力的なデバイスといえるだろう。新「Arrowhead」採用のハイエンドデータベースサーバーでの適用も。

(2015年9月29日)
データベース高速化のいま(5):

管理ツールだけに頼るのではなく、OSやメモリ、ストレージなどの知識を駆使した現代的なデータベースのチューニングテクニックとは?

(2015年10月16日)

関連テクノロジ

Database Expertイベントリポート:

DBパフォーマンスを改善するハードウエア技術を紹介したイベントから、鍵となるテクノロジーをダイジェストで紹介する。

(2015年5月15日)
Database Expertイベントレポート:

フラッシュストレージアレイの登場、最新バスやストレージコントローラー規格の登場、大容量メモリの普及など、データベースと記憶装置にまつわるハードウェア事情はここ数年で大きく変化しつつある。運用やチューニング環境を考える上では、こうしたハードウェアの進化はもちろん、製品実装技術にも深い理解が必要だ。編集部主催セミナーを基に、多様化するデータベース周辺のハードウェアのうち、フラッシュストレージとの組み合わせ方についての最新情報を紹介する。

(2014年9月25日)
Database Watch(2014年5月版):

データ分析の大半は時系列データが対象。ならば、データの持ち方や処理の方法、使い方にひと工夫を。今回は工夫をした2製品をウォッチ。

(2014年5月28日)
どういう選択基準でフラッシュ技術を選ぶ?:

フラッシュ(半導体メモリ)ストレージは、企業におけるデータベースの運用にどのような効果をもたらすだろうか。データベース高速化という目的では、どういう判断基準でどのようなフラッシュストレージ技術が選ばれるのだろうか。

(2013年3月27日)
Database Watch(2012年10月版):

The Microsoft Conference 2012のDB関連セッションや、database.comサービスの勘所をウォッチ!

(2012年10月11日)

関連記事

「新カテゴリのフラッシュ製品」:

米EMCは2015年5月6日(米国時間)、ラスベガスで開催中の「EMC World 2015」で、同社が開発中のフラッシュ装置「DSSD」の実機を公開。新カテゴリの製品であることをアピールした。

(2015年5月7日)
「ビッグデータフラッシュ」市場を開拓:

米サンディスクは3月3日(米国時間)、GB単価1ドルを切るオールフラッシュストレージ装置、「InfiniFlash」を発表した。ビッグデータフラッシュという新たなカテゴリを開拓する製品だという。

(2015年3月4日)
1Uサイズで実効容量最大20TB:

日本IBMが4月12日に発表したオールフラッシュストレージ「IBM FlashSystem」は、専用フラッシュメモリモジュールを使い、独自設計のFPGAフラッシュコントローラを搭載するなど、ハードウェアによる制御・転送によって高速化を推し進めた製品群だ。高い密度も特徴となっている。

(2013年4月12日)

富士通の垂直統合型システムはSymfowareの利便性とOSSの拡張性を両立させた構成になるようだ。

(2012年12月6日)
製品動向:

「Oracle Super Cluster T5-8」が発表された。Exadataの高速処理ロジック、SPARCサーバの性能・拡張性を併せ持つ構成で市場展開する。

(2013年7月9日)

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。