Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

WindowsシステムのTempフォルダを簡単に開く

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2003/11/29
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
「ファイル名を指定して実行」ダイアログに「%temp%」を入力して実行すると、WindowsシステムのTempフォルダをエクスプローラで開くことができる。
「%temp%」をほかの環境変数(例:「%systemroot%」など)に置き換えると、ほかのWindowsシステムのフォルダ(例:Windowsフォルダなど)も開くことができる。
 
解説

 WindowsシステムのTempフォルダ(一時的な作業用のファイルが置かれるフォルダ)のパスは、WindowsのバージョンやWindows OSのインストール・ドライブ、Windowsを使用するユーザー名などのPC環境ごとに異なる。よって、ほかの人にTempフォルダを開いてもらうような場合に、Windowsのバージョンやユーザー名などを聞き出さないと、Tempフォルダを特定できない。

 アプリケーションのインストーラなどによっては、このTempフォルダに不要なファイルが存在すると、処理に失敗するものなどがある。ユーザー・サポートなどでこれを確認するには、ユーザーにTempフォルダの内容を確認してもらう必要があるのだが、これが簡単ではない。

 しかし、次の方法を使えば、Windowsのバージョンなどを聞かなくても、簡単にTempフォルダを開くことができる。その方法は、Windowsの環境変数を使って、フォルダをオープンする方法だ。


操作方法

 まず、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを表示する。このダイアログを表示するには、スタート・メニューの[ファイル名を指定して実行]をマウスでクリックしても可能だが、[Windows]+[R]キーを押すとキーボードから起動できる。もし[Windows]キーが存在しないキーボードの場合は、[Ctrl]+[Esc]キーを押してスタート・メニューを表示し、スタート・メニューが表示された状態で[R]キーを押すと起動できる。

 起動した[ファイル名を指定して実行]ダイアログに「%temp%」と入力して、[OK]をクリックする。なお、「%temp%」は一時的な目的のために利用されるTempフォルダを意味する環境変数である。

[ファイル名を指定して実行]ダイアログ
[スタート]メニューにある[ファイル名を指定して実行]をクリックする。
  名前の欄に「%temp%」を入力する。
  [OK]ボタンをクリックする。→

 すると、次のようにTempフォルダがエクスプローラで開かれる。

エクスプローラに表示されたTempフォルダ
WindowsシステムのTempフォルダが開かれたところ。

 このように、[ファイル名を指定して実行]ダイアログに環境変数(今回の例では「%temp%」)を入力して実行すると、Windowsのエクスプローラで指定したフォルダを開くことができる。これと同じことは、「%temp%」以外の環境変数でも実行できる。表示できる環境変数を次の表にまとめておく。なお、環境変数は必ず「%」で囲んで呼び出す必要がある(例:「%temp%」、「%systemroot%」など)。

環境変数名 表示されるフォルダ
%temp% Windows OSのTempフォルダ
%tmp% Windows OSのTmpフォルダ。一般的には%temp%と同様に使われるが、MS-DOS時代のような、古いOS上のアプリケーションではこちらを参照していることも多い
%systemdrive% Windows OSがインストールされているドライブ。通常は「C:\」
%systemroot% Windows OSがインストールされているルート・フォルダ。通常は「C:\Windows」
%windir% 「%systemroot%」と同じ結果になる。ただし、この環境変数はWindows 9x/Me用の環境変数で、現状は下位互換性のために使用できるだけなので、この環境変数は使わない方がよい
代表的な環境変数

 そのほかの環境変数については、「TIPS―OSの種類によってバッチ・ファイルの処理を切り替える方法」に添付されているを参考にするとよい。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
Tempフォルダの場所を変更する
環境変数を変更する
WSHで環境変数を設定する
setxで環境変数の値を設定する(基本編)
任意のプログラムを素早く起動する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • まだ知らない人のためのChromebook (2014/7/30)
     米国を中心に飛躍的に出荷が伸びている「Chromebook」。日本にも投入されたChromebookとはどのようなものなのか? 果たして実用になるものなのか?
  • 第423話 歴史の悲劇 (2014/7/29)
     どうしてハードディスクはCドライブなんだ。AやBはどうした。えっ、PCの歴史を知らないからだって? そんなもの知る必要あるの?
  • iPhone/iPadで使える「iBeacon」とは? (2014/7/28)
     iBeaconを活用したサービスでは、iPhoneなどのユーザーが実店舗に入店したときだけクーポンを入手したりできるという。その仕組みは? 活用例は?
  • dirコマンドでファイル名の一覧を取得する【更新】 (2014/7/25)
     Windows OS標準コマンドの基本中の基本、といっても過言ではないdirコマンド。オプションを駆使してさまざまなファイル名一覧を取得する方法を解説
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 Webサイトの目的を社内で共有する――他部署をうまく巻き込むには?
遠藤さんのプレゼンがいよいよ始まる。Webサイトのリニューアルプランに「ソーシャルメデ...

第2回 ヒートマップでLPO――ヒートマップの登場で“in-page web analytics”時代に突入したLPO
ヒートマップがWebサイト分析の現場に登場したことで、LPOは、“in-page web analytics”...

ダウンロードフリー! 「戦略リーダーとしてのマーケティング組織、CMO機能」(eBook版)
「ITmedia マーケティング」編集部では、過去の人気連載をeBook 形式に再編集した新シリ...