Windows TIPS
[System Environment]
  Windows TIPS TOPへ
Windows TIPS全リストへ
内容別分類一覧へ

WindowsシステムのTempフォルダを簡単に開く

解説をスキップして操作方法を読む

デジタルアドバンテージ
2003/11/29
 
対象OS
Windows 2000
Windows XP
Windows Server 2003
「ファイル名を指定して実行」ダイアログに「%temp%」を入力して実行すると、WindowsシステムのTempフォルダをエクスプローラで開くことができる。
「%temp%」をほかの環境変数(例:「%systemroot%」など)に置き換えると、ほかのWindowsシステムのフォルダ(例:Windowsフォルダなど)も開くことができる。
 
解説

 WindowsシステムのTempフォルダ(一時的な作業用のファイルが置かれるフォルダ)のパスは、WindowsのバージョンやWindows OSのインストール・ドライブ、Windowsを使用するユーザー名などのPC環境ごとに異なる。よって、ほかの人にTempフォルダを開いてもらうような場合に、Windowsのバージョンやユーザー名などを聞き出さないと、Tempフォルダを特定できない。

 アプリケーションのインストーラなどによっては、このTempフォルダに不要なファイルが存在すると、処理に失敗するものなどがある。ユーザー・サポートなどでこれを確認するには、ユーザーにTempフォルダの内容を確認してもらう必要があるのだが、これが簡単ではない。

 しかし、次の方法を使えば、Windowsのバージョンなどを聞かなくても、簡単にTempフォルダを開くことができる。その方法は、Windowsの環境変数を使って、フォルダをオープンする方法だ。


操作方法

 まず、[ファイル名を指定して実行]ダイアログを表示する。このダイアログを表示するには、スタート・メニューの[ファイル名を指定して実行]をマウスでクリックしても可能だが、[Windows]+[R]キーを押すとキーボードから起動できる。もし[Windows]キーが存在しないキーボードの場合は、[Ctrl]+[Esc]キーを押してスタート・メニューを表示し、スタート・メニューが表示された状態で[R]キーを押すと起動できる。

 起動した[ファイル名を指定して実行]ダイアログに「%temp%」と入力して、[OK]をクリックする。なお、「%temp%」は一時的な目的のために利用されるTempフォルダを意味する環境変数である。

[ファイル名を指定して実行]ダイアログ
[スタート]メニューにある[ファイル名を指定して実行]をクリックする。
  名前の欄に「%temp%」を入力する。
  [OK]ボタンをクリックする。→

 すると、次のようにTempフォルダがエクスプローラで開かれる。

エクスプローラに表示されたTempフォルダ
WindowsシステムのTempフォルダが開かれたところ。

 このように、[ファイル名を指定して実行]ダイアログに環境変数(今回の例では「%temp%」)を入力して実行すると、Windowsのエクスプローラで指定したフォルダを開くことができる。これと同じことは、「%temp%」以外の環境変数でも実行できる。表示できる環境変数を次の表にまとめておく。なお、環境変数は必ず「%」で囲んで呼び出す必要がある(例:「%temp%」、「%systemroot%」など)。

環境変数名 表示されるフォルダ
%temp% Windows OSのTempフォルダ
%tmp% Windows OSのTmpフォルダ。一般的には%temp%と同様に使われるが、MS-DOS時代のような、古いOS上のアプリケーションではこちらを参照していることも多い
%systemdrive% Windows OSがインストールされているドライブ。通常は「C:\」
%systemroot% Windows OSがインストールされているルート・フォルダ。通常は「C:\Windows」
%windir% 「%systemroot%」と同じ結果になる。ただし、この環境変数はWindows 9x/Me用の環境変数で、現状は下位互換性のために使用できるだけなので、この環境変数は使わない方がよい
代表的な環境変数

 そのほかの環境変数については、「TIPS―OSの種類によってバッチ・ファイルの処理を切り替える方法」に添付されているを参考にするとよい。End of Article

この記事と関連性の高い別のWindows TIPS
Tempフォルダの場所を変更する
環境変数を変更する
WSHで環境変数を設定する
setxで環境変数の値を設定する(基本編)
任意のプログラムを素早く起動する
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「Windows TIPS」

TechTargetジャパン

Windows Server Insider フォーラム 新着記事
  • Googleカレンダーで数年後の年月日へ素早く移動する (2014/12/18)
     PC版Googleカレンダーで数年後の予定を追加するには、[次]ボタンを何十回もクリックしなければならず面倒だ。そこを数回のクリックですぐ移動する方法とは?
  • PC版Gmailで常に「全員」へ返信する (2014/12/17)
     PCのWeb版Gmailで返信メールを起稿すると、デフォルトでは元のメールの送信者だけに返信される。他の受信者も含めて全員に返信されるようにするには?
  • 第442話 大は小を兼ねる (2014/12/16)
     「迷ったら、小さい方より、大きい方を選んでおくといいぞ。『大は小を兼ねる』というからね」「先生、そうとばかりは限りません」
  • 組織導入のためのChromebook管理術 (2014/12/15)
     日本でも販売された「Chromebook」。組織導入を検討しているところも多いのでないだろうか。そこでChrome管理コンソールを使った管理方法を解説する
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 マスとデジタルが与えている影響を可視化する「インパルス応答」
現状の整理だけでは「分析した」とは言えない。しかし、マスとデジタルが与え合う影響を...

博報堂グループ、複数のネットスーパーの合計金額を比較できるポータルサイト 「NESPA」スタート
博報堂DYホールディングス傘下の出資目的子会社であるAD plus VENTUREは12月16日、NESPA ...

スタッフの作業効率改善へ ―― アプリックスのBeacon、星野リゾートの実証実験に採用
アプリックスIPホールディングスは12月17日、同社が提供するBeaconが、星野リゾートの運...