連載
» 2006年08月22日 00時00分 公開

ツールを使ってネットワーク管理(13):パスワード、記憶に頼っていて大丈夫? 〜パスワード作成と管理〜 (2/5)

[山本洋介,@IT]

KeePass Password Safeをインストールしてみよう

 KeePass Password Safeはさまざまな機能を持ったパスワード管理ツールで、現在の最新バージョンは1.05になります。パスワードを管理するデータベースは暗号化されていますので、データを盗まれたときもパスワードを盗まれる確率は低く、安心できるでしょう。また、データベースを開くのにハードウェアキーを使うことも可能です。

・KeePass Password Safeのインストール

 KeePass Password SafeのサイトからKeePass Password Safeのインストーラをダウンロードします。ダウンロードしたインストーラ(KeePass-1.05-Setup.exe)をダブルクリックすると、インストールが始まります。

 ライセンスの確認画面です。一通り読んで納得したならば、ラジオボタンを「I accept the agreement」の方にチェックし、「Next」をクリックします。

 KeePass Password Safeをインストールするディレクトリを決めます。特に問題なければこのまま「Next」をクリックします。別の場所にインストールしたい場合は「Browse」をクリックして、インストール先を変更しましょう。

 スタートメニューに表示される項目名を決めます。特に問題なければこのまま「Next」をクリックします。左下の「Don't create a Start Menu folder」にチェックを入れるとメニューは作成されません。

 ここではショートカットの作成を行います。「Create a desktop icon」にチェックを入れるとデスクトップに、「Create a Quick Launch icon」にチェックを入れるとタスクバーにショートカットがそれぞれ作成されます。インストールの確認画面です。特に問題なければ「Install」をクリックします。

 これでKeePass Password Safeのインストールは終了します。

 「Launch KeePass Password Safe」にチェックを入れて「Finish」をクリックすると、引き続きKeePass Password Safeが起動します。

 KeePass Password Safeが起動したところです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。