Special
» 2014年07月28日 07時00分 公開

「企業の現実にマッチした仕組み」のために:多様なデータから“価値”を引き出す先鋭ビッグデータソリューションの全容 (4/5)

[PR/@IT]
PR

統計解析言語Rやネットワークなどのグラフ分析もOracle Database上で実行。膨大なデータの分析を速く、安全に

 オラクルのビッグデータソリューションでは、「分析」のためのシステム基盤として、Oracle Databaseなどのソフトウェアとハードウェアを高いレベルで融合したOracle Exadataを用意している。そのOracle Exadata上における「分析」で中心的な役割を担うのが、「Oracle Advanced Analytics」と「Oracle Spatial&Graph」だ。

 Oracle Advanced Analyticsは、Oracle DatabaseのIn-Database Analyticsオプションとして提供される分析ツールであり、統計解析ソフト「R」によるデータ分析をOracle Database上で可能にする「Oracle R Enterprise」と、同じくデータベース内でのデータマイニングを実現する「Oracle Data Mining」で構成される。

 一方、Oracle Spatial&Graphは、空間データやネットワークデータ、トポロジ、ソーシャルグラフといったデータ構造を使った分析と、分析結果の視覚化を担うソフトウェアだ。これもOracle Database内の分析機能として動作し、Oracle Exadata上で高速に実行できる。

 上に示すように、地理情報と関連したデータや、個々のデータの相互関係などは、分析結果を視覚化することで、その内容を直感的に理解しやすくなる。ただし、こうした視覚化の処理には相応のコンピューティングパワーやメモリリソースが必要とされ、実務利用に耐える性能を確保するのは困難であった。しかし、高い処理性能を備えるOracle Exadata上でOracle Spatial&Graphを実行すれば、業務ユーザーに不満を感じさせない十分なパフォーマンスが得られる。これにより、データが持つ意味を視覚的に捉え、その価値をより見つけやすく、また活用しやすくなるのである。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2014年8月27日

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。