Special
» 2014年11月28日 07時00分 公開

革新的なクラウドが経営/ビジネスに与えるインパクト:企業IT戦略を担うキーパーソンが語る、クラウドと企業IT (3/3)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3       

IT組織には自社に最適なクラウドを選り抜く能力が不可欠。システム内製化の強化も急務に

リコー 理事 経営革新本部 副本部長の石野普之氏

 ビジネス改革の手段、あるいは選択肢としてのクラウドの存在感が増す中、ユーザー企業のIT組織にも変化が求められているようだ。この点について、リコーの石野氏は次のように語る。

 「これまでユーザー企業のIT組織は、ベンダーの協力を仰ぎながら自社の要件に最適化されたシステムを作り込む作業を繰り返してきました。そのことが、ベンダーに対する甘えの構造を生んできた面もありますが、クラウドの世界では、そのような他力本願のスタンスは許されません。自らが“目利き”となり、トータルのコストパフォーマンスやネットワーク遅延回避のコミットレベルなど、多角的なポイントから最良のサービスを選り抜くことが必須であり、そのための能力を身に付けることが不可欠となっているのです」

 それでは、そのようにして選び抜いたクラウドの導入効果はどうなのだろうか。この問いに対して、石野氏は「例えば、パブリックのPaaSとIaaSはまだ限定的な用途でしか使っておらず、さしたるメリットは得ていません」としながらも、「仮想化などのクラウド系テクノロジーについては、想定した成果はしっかりと刈り取れています」と話す。さらに、SaaSについては、そもそも評価/選定の基準が自社ニーズに合致したアプリケーションであるか否かであるため、「導入したサービスについては、当然、期待どおりの効果が得られている」(石野氏)という。

 セブン&アイ・グループでも、一部の社内業務にパブリックのSaaS系サービスを利用している。ただし、前述したとおり、顧客情報を扱うオムニチャネルなどの戦略システムはプライベートクラウド(あるいは、オンプレミス)での構築が主体となる。そうした中で、鈴木氏が最大の課題として挙げるのがIT組織の「システム内製力の強化」だ。

 「今日、プライベートブランドの展開が小売業で大きな差別化ポイントとなっていますが、それはシステム作りについても同様です。ベンダーの技術/ソリューションを巧みに使いながら、差別化されたサービスをいかにタイムリーに作り上げ、提供していけるかがITに関する競争力の源であり、その意味で、内製力の強化がどうしても必要とされるのです」(鈴木氏)

クラウド/ビッグデータ時代に、ますます高まるオラクルへの期待

 ちなみに、鈴木氏とリコーの石野氏はともに、ビッグデータの戦略活用を今後の重要テーマとして掲げており、この領域でのクラウドプラットフォームの有効利用を検討している。また、その中でオラクルの協力やクラウドソリューションに期待をかけているようだ。

 一方、NTTミュニケーションズでは、パブリッククラウドサービスの高度化と併せて、企業のプライベートクラウド環境の取り込みにも力を注いでいく計画である。その展開の中でも、オラクルとの関係をより強化し、Oracle Cloudの各サービスによる連携/協業も図っていきたいと関氏は語る。

日本オラクル 代表執行役社長兼CEOの杉原博茂氏

 こうしたパネリストの意見/見解を受け、日本オラクルの杉原氏は、「当社のモットーは、とにかく優れた技術を世に送り出し、お客さまの声を基にそれを洗練させていくことです。その点で、お客さまの声をお聞きするのは、オラクルのテクノロジーを一層進化させていく上で非常に重要な取り組みに他なりません」と語り、顧客企業との率直な対話の重要性をあらためて強調する。その上で、オラクルのクラウドソリューションの優位性を次のように訴え、ディスカッションを締めくくった。

 「オラクルのクラウドは“ブラックボックス”ではなく、オープンテクノロジーで構成された“クリアボックス”であり、中身が見えないといった不安はありません。また、オラクルはオンプレミス、プライベートクラウド、パブリッククラウドなど、あらゆる環境のテクノロジーを共通化しており、NTTコミュニケーションズさまをはじめ多くのクラウドサービスプロバイダーさまでもオラクルのテクノロジーを既にお使いいただいています。お客さまのために革新的な技術/サービスを提供し続けるというスタンスが揺らぐこともありません。だからこそ、お客さまはこれまでに投資したソフトウェア/データ資産の継続性を確保しながら、ニーズに応じて環境/サービスを自由に構築/選択できるのです。オラクルのクラウドに今後もご期待ください」

関連情報

Oracle Days Tokyo 2014の基調講演動画をオンデマンドで配信しています。ぜひこちらからご覧ください。


前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2014年12月27日

関連情報

驚異的なパフォーマンス、優れた運用効率、最高の可用性とセキュリティ、クラウド対応を実現するOracle Exadataとの統合、クラウド、可用性や運用管理など、次世代データベース基盤構築のために参考になる必見資料をまとめてご紹介いたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。