連載
» 2019年05月15日 05時00分 公開

IT用語解説系マンガ:食べ超(162):私が昭和100年になっても、あなたは未定義よ (1/4)

意外としぶとい昭和のレガシーとの戦いをお楽しみください。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。

[倉田タカシ(@deadpop),@IT]

今日の用語:昭和100年問題

一生食べられるエンジニアになるための超IT用語解説 略称:食べ超
登場人物 わたし−新人なのに新人教育を任されて奮闘中、マルコフ君−社長期待の新人。知識はないけど熱意は十分!、コンピュータおばあちゃん−西海岸からやってきた助っ人よ!、社長−勢い重視の経営者、荒木さん−頼れる先輩です!、高田君−気のいい同僚です!


社長「今は昭和何年ですか……?」






私さん「今年はCOBOL元年ですわ」社長「こッ!?」






私さん「超古代神COBOL様のご加護で、私たちは永遠に幸せに暮らせるのです」






社長「ハッ夢か! いや夢ではない」私さん「会議中でございますが?」






社長「昭和100年が来る!!」






社長「わが社が作った何かにもフタ桁が……フタ桁昭和がきっとあるのじゃ!!」私さん「うーむありそうですわい」



       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。