連載
» 2019年12月11日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(60):コミュニケーションが苦手?――なら「なたもだ」で解決すればいいじゃない (1/3)

「エンジニアはコミュニケーションが苦手」といわれることが少なくありません。話し上手ではないがために、「自分って、ダメだな」と自信をなくしていませんか。話すのが苦手なら、別の方法を使えばいい。エンジニアの強みを生かしたコミュニケーション術を紹介します。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 「エンジニアはコミュニケーションが苦手」とよくいわれます。

 私もエンジニア出身で、対面のコミュニケーションが苦手です。何となく恥ずかしくて、自分から積極的に声を掛けられないし、会話もすぐに止まってしまいます。電話をするのも苦手だし、「今度、○○しましょうよ」と誘うのも苦手なので、いつも周りの人から誘われるのを待っています。

 若いころは、このようなコミュニケーションの苦手意識が、「自分って、ダメだな」と自己評価を下げる要因にもなっていました。そこで「積極的に話し掛けよう」と努力したこともありました。

 でも、苦手なことを克服するのは、なかなか大変です。最近は「苦手なのだから、仕方がない」「会話が苦手なら、別の方法はないかな」と思うようになってきました。

エンジニアはオンラインコミュニケーションが得意?

 私見ですが、エンジニアやIT業界の人には、「対面ではあまり話さないけれど、オンラインでは弁が立つ」人が多いなと思っています。

 例えば、私は今、新潟でNPO法人を運営しながら、東京のIT企業で複業&テレワークしています。日常的なコミュニケーションはオンライン&テキスト、東京のオフィスに行くのは月に1回です。

 オフィスに行って他の社員に会うときによく思うのですが、オンラインコミュニケーションでは積極的で弁が立つのに、対面だとそれほど口数は多くなく、印象が異なる人が少なくありません。「コミュニケーションが苦手」なのではなく、対面かオンラインかだったら、オンラインの方が性に合っているのだろうと思います。

 だからといって、「対面コミュニケーションは必要ない」と言いたいわけではもちろんありません。仕事によっては、対面コミュニケーションが重要なシーンもあります。でも、苦手なやり方で悩むくらいなら、やりやすいコミュニケーションの方法で接した方が、ストレスも少ないのでは? とも思うのです。

 ましてや、2020年のオリンピック&パラリンピックを契機にテレワークが推奨され、働く場所や時間の制約がなくなりつつある今、オンラインコミュニケーションの機会が今まで以上に増えるはずです。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。