連載
» 2020年09月16日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(69):管理職はつらいよ (2/3)

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

口で言うのは簡単。でも「一筋縄では行かないな」

 経営者の立場になってしばらくは、いわゆるマネジメントはしなくなり、どちらかといえば自分のことだけを考えればいい状況が続きました。仕事では、自身が経験してきた「こうすればうまくいきますよ」という組織作りやコミュニケーションのノウハウを、いろいろな人や企業に、口頭や文章で伝えてきたつもりです。

 そうした活動が功を奏したのか、近年、新たな組織やプロジェクトに入ることが増えてきました。管理職という肩書はありませんが、経験や年齢的にアドバイザー的な役割も多く、人をまとめる仕事をすることも少なくありません。

 メンバーも、気の合う人ばかりならいいのですが、実際には、そこに集っている人たちの経験や性格はバラバラ、多種多様です。人間関係が増えると、そこには、何らかのトラブルがあることも少なくありません。

 あるところではうまくいった組織作りの知識や経験も、別の現場では通用しない――口で言うのは簡単だけど、組織作りって「一筋縄では行かないな」と、あらためて実感しています。

最後にたどり着いたのは「愚直にやり続けること」

 こういうとき、いままで自分がしてきた発言や発信してきた内容を振り返ります。

 「信頼関係を築くために、まずはメンバーの話を聞きましょう」「1on1ミーティングなどの形で、定期的に話す場を設けましょう」「“知らない”という状態が不安を抱かせるので、情報は積極的に共有しましょう」「心理的安全性が大事です」――。

 ウソを言っているつもりは全くありません。心からそう思っています。

 でも、幾つかの現場に入ってあらためて思うのは、そういった、ノウハウ的なことも大切だけれど、組織作りで最も大切なことは、自分が信じている「○○が大切」だと思うことを、真摯(しんし)に、愚直にやること。やり続けること。それに勝るものはないな……ということでした。

 何だか、至極当たり前過ぎる、つまらない話になってしまいました。でも、どんな組織でも、最後にたどり着くのは、きっとこの辺りなのだろうと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。