連載
» 2009年07月17日 00時00分 UPDATE

D89クリップ(10):3回目はあるのか? おばかアプリ選手権レポート (3/6)

[仲里淳,@IT]

コンテンツ糸柳——拡張現実感、クローン大戦へ

ハッカーズカフェ
「破滅コンテンツ——The spotlight turns to ITOYANAGI」
メンバー:akio0911、doodoo_jap、takano32、itkz、nishio

 ハッカーズカフェは、アキバ(秋葉原)を中心に活動する謎のハッカー集団。Web上では活動の痕跡が散見されるが、その規模や参加者の正体などは謎とされている。

 ハッカーズカフェは、第1回でもおばかアプリではなく活動紹介として参加している。世のエンジニアたちが集まる場所でその存在を知らしめることで、少しずつ勢力を拡大しようとたくらんでいるようだ(前回の紹介内容はこちら)。

ステージに現れた謎の暗黒卿。写真にかかっているモーションブラーは、手振れではなく暗黒フォースによるもの ステージに現れた謎の暗黒卿。写真にかかっているモーションブラーは、手振れではなく暗黒フォースによるもの

 梅雨の蒸し暑い中、マント姿で現れた暗黒卿は、「ウェルカムトゥー・サンフランシスコ・カリフォルニア。ワールドワイド・オバカアプリケーション・カンファレンス!」とカタコトの英語であいさつ。続いてハッカーズカフェの活動をペラペラの日本語で紹介した。

 最近では、現実歪曲空間だか拡張現実感だかを使った作品群やストリートコンピューティング(道端電算遊戯)といった行動、小池スタイルと呼ばれるポーズ、表参道で注目を集めるモバイルデジタルサイネージバッグなどが活動の中心とのこと。

小池スタイルを実演。右足の大腿(だいたい)部にピッタリと固定されたMacBook Airに注目。アップルのWWDC2009でも話題になったという 小池スタイルを実演。右足の大腿(だいたい)部にピッタリと固定されたMacBook Airに注目。アップルのWWDC2009でも話題になったという

 固定した居場所を持たず、電源とネット接続を求めて都市の中をさすらうハッカーズカフェの活動スタイルには、賛同者も増えつつある。デザイナやクリエータの間で知られる黒崎輝男さんもその1人。プレゼンでは黒崎さんがハッカーズカフェに送ったビデオメッセージも紹介された。

r12arrow_white.gif

黒崎さんのビデオメッセージ「冒険は都市の中にある」「コラボレーションの極意はドレッシング」

 一通り活動紹介を終えた後、今回のメインコンテンツとして発表したのが「糸柳(ITOYANAGI)」。続けてステージ上には30歳前後の男性が登場し、糸柳であると名乗り自分自身が1つのコンテンツとしてインターネット上で消費されていることを紹介。最近ではコスプレ姿が3Dモデリング化され、そのデータを基に生成されたというフィギュア「糸柳3DS」を公開した。

紹介された糸柳さん。人の姿をしており、自律歩行や会話も可能だが、彼が人間なのかどうかは不明 紹介された糸柳さん。人の姿をしており、自律歩行や会話も可能だが、彼が人間なのかどうかは不明
高さ10センチ程度の糸柳フィギュア「糸柳3DS」。600万円もする3Dプリンタ「ZPrinter 450」を用いて生成されたという 高さ10センチ程度の糸柳フィギュア「糸柳3DS」。600万円もする3Dプリンタ「ZPrinter 450」を用いて生成されたという

 現実空間と仮想空間を自在に往来する糸柳というコンテンツは増殖を続ける。糸柳3DSを見て、テレビから貞子がはい出てくるように、PCモニタからは糸柳クローンが現れるという破滅的なイメージが頭をよぎった。

r12arrow_white.gif

拡張現実糸柳のAR

r12obaka.gif

上のムービーにあるようなARバージョンも作っていたのに、当日プレゼンに準備が間に合わず披露できなかったのがおばか。 

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。