Special
» 2017年01月23日 07時00分 公開

DevOpsをクラウドで実践する企業へ:パブリッククラウドとオンプレミスを自在に監視&分析 統合アプリケーション運用管理サービス「Oracle Management Cloud」 (1/3)

パブリッククラウドを利用する全ての企業が必ず直面する課題の1つは、「クラウドやオンプレミスに散在するシステムの監視/管理をいかに効率的に行うか」ということだ。オラクルは、この課題を解決するクラウドサービスとして「Oracle Management Cloud」を提供している。[パブリッククラウド][Oracle Cloud]

[PR/@IT]
PR

クラウドとオンプレミスをまたいだアプリケーション性能監視、障害対応、リソース管理に対応 DevOpsにも適する

photo 米オラクル バイスプレジデント System Management Productsプロダクトマネジメントのスディップ・ダッタ氏

 「Oracle Management Cloud」は、オラクルのPaaS(Platform as a Service)「Oracle Cloud Platform」のサービスの1つとして提供されるシステム統合管理サービスだ。オラクルの統合管理ツールと言えば「Oracle Enterprise Manager」が知られるが、Oracle Management Cloudはそれとは別に提供されるサービスであり、両者は相互補完的な関係にある。Oracle Management Cloudは、具体的にどのような機能を提供し、どのように活用できるものなのか?──。米オラクル バイスプレジデントのスディップ・ダッタ氏と日本オラクルの平井克人氏(Database&Exadataビジネス推進本部 シニアマネジャー)による解説、そして同サービスの検証を実施したNTTデータ先端技術のコメントを基に紹介する。

 Oracle Management Cloudの開発を主導するダッタ氏は、同サービスが開発された経緯を次のように説明する。

 「今日、アジャイル型の開発スタイルとしてDevOpsが普及し、多くのアプリケーションがパブリッククラウド上で開発され、そのままクラウド上で運用されるようになりました。その結果、アプリケーションのリリースサイクルはかつてないほど高速化しています。その一方で、障害の発生を最小限に抑え、障害発生時のリカバリーを高速化したいというニーズもますます高まっています。ダウンしてばかりのサービスでは、競合他社に顧客を奪われてしまうからです。

 従って、企業はアプリケーションをスピーディにリリースしつつ、同時にユーザーの目に触れる前に素早く障害を見つけ、原因を特定して解消しなければなりません。それを支援するためにオラクルが用意したソリューションがOracle Management Cloudなのです」

Oracle Management Cloudのビジョン

 ご存じの通り、Oracle Enterprise Managerはオラクル製品で構成されたシステム環境を深部まで管理するための垂直型のツールだ。それに対してOracle Management Cloudは、ヘテロ環境で水平型に展開される管理サービスだとダッタ氏は話す。同サービスは「Application Performance Monitoring Cloud Service(APM)」「Log Analytics Cloud Service」「IT Analytics Cloud Service」という3つの機能を備え、Oracle Cloud Platformをはじめとする各社のパブリッククラウドおよびオンプレミスのシステム環境に対して使うことができる。

 「APMはアプリケーションの性能問題を迅速に診断し、ユーザーエクスペリエンスとシステムパフォーマンスを向上させるための機能です。また、Log Analytics Cloud Serviceはシステムの稼働状況を分析して異常を発見するために使います。そして、IT Analytics Cloud Serviceはリソースの使用状況を分析し、プロアクティブなキャパシティープランニングを行う際に利用します。これらは同時に利用することも、また個別に利用することもできます」(ダッタ氏)

Oracle Management Cloudに備える3つの主要機能

 3つの機能はそれぞれ単体でも非常に強力だが、シームレスに統合されていることで、より高い価値を発揮する。

 「例えば、APMによるパフォーマンス監視で問題を発見した際には、それを起点にしてログ分析機能の画面に移行し、どこでどのような問題が発生しているのかを特定できます。同様にパフォーマンス監視からIT分析機能の画面に移り、将来的な負荷の増加を予測するといったことも可能です。今日では、アプリケーション開発と運用を融合したDevOpsの取り組みが活発化しつつあり、開発者向けのデバッギングツールや運用担当者向けの監視ツールのように利用者を限定したツールでは、問題への対処が難しくなりつつあります。Oracle Management Cloudは、開発と運用の双方で利用でき、有益な洞察を素早く提供することを念頭に開発したものなのです」(ダッタ氏)

Oracle Management Cloudは、開発と運用の双方で利用でき、有益な洞察を素早く提供することを念頭に開発された
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年2月22日

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。