連載
» 2000年08月10日 00時00分 公開

詳説 TCP/IPプロトコル:第4回 TCP/IPプロトコルの概要 (2/5)

[岡部泰一,著]

 仕様の異なるパケット交換ネットワーク同士を相互接続するには、まずそれらのネットワーク同士を物理的に接続する必要がある。2つのネットワークを物理的に接続する方法としては、両方のネットワークに接続できるコンピュータを利用する方法が考えられる。このコンピュータは、2種類のネットワーク媒体に接続するためのハードウェア(ネットワーク インターフェイス カードなど)を備え、それぞれのネットワークのプロトコルを理解するためのソフトウェアを実装する。しかしそれだけでは、このコンピュータが、それぞれのネットワーク内で通信できるだけで、2つのネットワーク間で通信が行えるようになるわけではない。

2種類のネットワークを物理的に接続する

物理的な仕様の異なる2種類のネットワークを物理的に接続するためには、2種類のネットワークに接続するためのハードウェアとソフトウェアを持ったコンピュータを利用する。ただしこれだけではこのコンピュータが2つのネットワーク内で通信を行えるだけで、2つのネットワーク間で相互に通信が行えるわけではない。2つのネットワーク間で通信を行うためには、それらの間でパケットを転送する必要がある。


 2つのネットワーク間での通信を実現するためには、両方のネットワークに接続されたコンピュータが、一方のネットワークからもう一方のネットワークへパケットを転送する必要がある。このように複数のネットワークに接続し、ネットワークからネットワークへパケットを転送するコンピュータを「ルータ(router)」と呼ぶ(元々は「ゲートウェイ(gateway)」と呼ばれていた)。

 ルータは、あるネットワーク上を流れる別のネットワークへのパケットを受信して、他方のネットワークへと転送する役目を負っている。しかし仕様の異なるネットワークでは、そこに接続されているコンピュータを区別するための方法も異なり、あるネットワークに接続しているコンピュータから、他のネットワークに接続されているコンピュータを指定する方法はない。また、各ネットワークのパケットの最大サイズが異なっている可能性があるため、ルータは単純にパケットをそのまま転送するわけにもいかないだろう。このような問題を解決し、相互接続ネットワークを実現するために設計されたプロトコルが「IP(Internet Protocol)」である。

パケットを転送するときの問題

ネットワークによって、ネットワーク上のコンピュータの指定の仕方や、伝送できるパケットの最大サイズは異なる。


   

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。