連載
» 2006年12月13日 00時00分 公開

5分でネットがわかるシリーズ(7):2006年のネット界を席巻したSNS (5/5)

[江原顕雄,@IT]
前のページへ 1|2|3|4|5       

5. SNSサービスはどーなってしまうの?

 ネットに詳しくない層にまで認知され始めたSNS。しかし会員数の増加、PCスキルや意識の格差問題も出始めているようです。ここでは、日本のSNSの問題と今後について考えてみましょう。

●SNSのユーザーは脇が甘い?

 2004年ごろ、初期SNSのユーザーは、ネットワークにも強いパワーユーザーが中心でした。彼らはある程度の知識とネットマナーを知っており、またユーザー数も少ないので、三面記事のトップを飾るような事件は発生しませんでした。が、携帯電話しか使わないユーザーやPC初心者もどんどん流入した結果、経験・知識不足によるための事件が多発しました。

 mixiが主に舞台になったものですが、Winnyから流出したデータから本名を調べられ、mixiの登録情報を使い細かな個人情報が流出した事件。「助けてあげてください!」といったチェーンメールのはびこり。クロスサイトスクリプティングを使った、攻撃・いたずら……など、ネットの怖さを意識しないユーザー層が多数被害に遭ってしまいました。

  確かに「身内しかいない」と感じさせて安心して活動できるのはSNSの魅力です。が、数百万単位でユーザーを抱えるSNSは、もはや「普通のインターネット」となんら変わりありません。SNSのシステムを改善すれば、解決できる問題もありますが、やはり利用するユーザーのネットリテラシー向上が不可欠ではないでしょうか。

●今後のSNSはどうなるの?

  断トツに会員数を誇るmixiの動きが、2007年のSNS事情に直結しているのは間違いありません。が、ウカウカしているとあっさりと「日本最大」の名前はすぐにほかのサービスに奪われてしまう可能性もあります。特に携帯でSNSを利用しているユーザーが多い日本は、携帯ユーザーをどのように取り込んでいくかがポイントとなるでしょう。GREEが携帯向けのSNSを始めたり、携帯のみのSNSであるモバゲータウンが、短期間で大量の会員数を獲得するなど、携帯とSNSはいまとてもホットな話題です。また世界最大のMyspaceが日本に上陸しましたので、mixiにとっては大変な2007年になりそうです。

番外編 公表されないSNSのユーザー数

  各SNSには、いったいどれぐらいのユーザーがいるのか? 参加者数はSNSについて語るには、外せない要素ですよね。よく「●●万人突破!」というニュースも聞きます。プレスリリースや概要説明として、ユーザー数について記述しているサービスが少ないことに驚かされます。

・公表されていないSNSユーザー数

  mixiのプレスリリースのページでは、「SNS『mixi』 500万人突破」と2006年7月26日に発表されています。ケータイゲームSNS「モバゲータウン」からは2006年11月にオープン9カ月で会員数が200万人突破した発表がありました(関連記事:成長速度はmixiの倍・9カ月で200万人 携帯SNS「モバゲータウン」の強さ)。

 GREEの場合、グリーの歴史というページに「2006年 1月26日 GREEのユーザー数が30万人を突破」とあります。Cafestaは、2003年3月4日に、「『cafesta』サービス開始7カ月で登録会員30万人を突破」とリリースがあり、livedoor フレパも最新の登録者数については書かれたデータはありません。他のサービスも調べてみると似たり寄ったりです。

 総務省や総研系・リサーチ会社のデータはないかと調べてみましたが、主にmixiのデータや「SNSの登録者数は増えている!」といったものばかりで、各SNSごとのユーザー数を調べたものはありませんでした。

・Webサイトのアクセス数を調べているサイトでは?

  概数調査ではありますが、世界のWebサイトのランキングを調べているAlexa Web Searchのデータを拾ってみると以下のようになっています。

サービス名 単位:百万PV(過去3カ月平均、2006年12月11日調べ)
Myspace 37,330
Orkut.com 32,195
Yahoo! Days 31,480
Flickr 11,900
フレバ 8,065
Friendster 6,895
Mixi 6,840
Facebook 5,795
GREE 392
カフェスタ 32.5
キヌガサ 17
2chSNS 6.85

過去3カ月平均のページビュー数でみてみると「Yahoo! Days」や「フレバ」が上位に。この2つはサブドメインではなく、「yahoo.co.jp」や「livedoor.com」の全体をチェックしているため、このような結果になっているようです。


・本当に人気なの?

  「SNS大人気!」と新聞やニュースで報道されていますが、実態はmixiやモバゲータウンだけが人気で、他はかなり苦戦しているのが実態なのではないでしょうか。この状況は数年前に「2ちゃんねる」がヒットした時に、似たような掲示板が山のようにできた時と似ている気がします。

  これだけSNSが話題になっているにもかかわらず、関連する資料のオープン性は低いようです。SNSが成熟期を迎えるであろう今後の発表や調査に期待します。


前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

編集部からのお知らせ

8月8日10時30分〜16時30分の間、システムメンテナンスのため記事の一部表示や資料のダウンロードができなくなります。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。