連載
» 2010年08月27日 00時00分 公開

連載:jQuery逆引きリファレンス:第10回 jQuery 1.4編 (5/17)

[山田祥寛(http://www.wings.msn.to/),著]



「連載:jQuery逆引きリファレンス」のインデックス

連載目次


 $.noopメソッドは、空の関数オブジェクトを生成します。「function() {}」を利用しても意味は同じですが、必要となるたびに空の関数を生成するよりも、$.noopメソッドを参照した方がパフォーマンス的には有利です。

 以下にサンプル・プログラムを示します。このリスト134では、イベント・リスナとして$.noopメソッドの戻り値(空の関数)を渡していますので、ボタンをクリックしても何も起こりません。

<script type="text/javascript">

$(function() {

  // ボタン・クリック時の挙動を定義
  $('#btn').click(function() {
    $.noop(); // 空の関数オブジェクト
  });
});

</script>

  ……中略……

<button id="btn">クリック!</button>

リスト134 クリックしても何も起こらないボタンを設置(Noop.html)

 ここでは便宜上、クリック・イベントに対して空の関数(リスナ)を設置する例を示していますが、実際には$.noopメソッドはjQueryプラグインを開発する際に利用することが多いでしょう。オプショナルなコールバック関数を要求するメソッドを定義しており、かつ、呼び出し元から関数が指定されなかった場合に、空の関数オブジェクトをセットするような用途で利用します。

Copyright© Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。