連載
» 2017年03月29日 05時00分 公開

こっそり始めるGit/GitHub超入門(11):開発者のタスク管理がしやすくなるGitHub Issuesの基本的な使い方 (3/4)

[平屋真吾,クラスメソッド]

【3】イシューの担当者とラベル

 イシューの担当者(Assignees)とラベル(Labels)の設定を行ってみます。こちらもイシューとプルリクエストの両方で利用できる機能です。

・担当者を設定する

 担当者を設定することによって、誰が担当するイシューなのかを明確にできます。また、担当者に設定された人は該当イシューに関する通知を受けることができるようになります。

 担当者を設定するには、サイドバー上の「Assignees」またはその横の歯車アイコンをクリックします。

図14 担当者選択メニューを表示

 担当者にしたい人を選択して「×」をクリックします。

図15 担当者を選択

 担当者を設定できました。

図16 担当者設定完了

・ラベルを設定する

 ラベルはイシューを分類するための機能です。イシューの数が増えてきた場合に役に立つと思います。

 ラベルを設定するには、サイドバー上の「Labels」またはその横の歯車アイコンをクリックします。

図17 ラベル選択メニューを表示

 デフォルトで選択可能なラベルは7種類です。設定したいラベルを選択して「×」をクリックします。

 今回は「enhancement」(改良)を選択してみます。

図18 ラベルを選択

 ラベルを設定できました。

図19 ラベル設定完了

【4】イシューを作成する

 ここまでの作業で「タイトル」「説明」「担当者」「ラベル」の設定が完了しました。

 イシューの作成を実行しましょう。「Submit new issue」ボタンをクリックします。

図20 イシューの作成実行

 イシューの作成が完了しました。作成したイシューのページが表示されます。

図21 イシューの作成完了

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。