連載
» 2019年06月19日 05時00分 公開

仕事が「つまんない」ままでいいの?(54):終身雇用崩壊時代の「働き方のグラデーション」 (1/3)

終身雇用が崩壊する――ショッキングなニュースが飛び込みました。この先の働き方を考えたとき、エンジニアは何を意識し、何をしていけばいいのでしょうか。

[竹内義晴(特定非営利活動法人しごとのみらい),@IT]

 先日、日本経済団体連合会(経団連)の会長やトヨタ自動車の社長などが「終身雇用は難しい」と発言したというニュースが飛び込んできました。経済界の重鎮の発言は影響力が大きく、ショッキングな話題でした。

 「終身雇用」はこれまで、サラリーマンが安心して働ける「源」の一つでした。定年までの給与が毎月保証される。その結果、安心、安定した生活ができる。だからこそ、余計な心配はせずに、仕事に打ち込めました。

 でも、「終身雇用は難しい」という発言は、これまで抱いてきた「安心、安定した生活ができる。だからこそ、仕事に打ち込める」の根底を揺るがすものです。それだけに、「この先、安定した暮らしができるのだろうか」と不安になった方も多いのではないでしょうか。特に終身雇用が当たり前だった40代以上の方にとっては。

 また、最近では「老後は2000万円足りない」なんて、さらに不安になる情報も出ています。政府は火消しに躍起です。

 私は今、「ある働き方」をしているのですが、この働き方をするようになってから、「もし、終身雇用が崩壊しても、何とか生きていけるだろう」と思っています。

 そこで今回は、終身雇用が崩壊する前に考えたい「これからの働き方」を見ていきます。

「収入源が複数」という働き方

 改めて、私の今の働き方についてお話しします。私は現在、しごとのみらいというNPO法人を運営しながら、サイボウズというIT企業でも働いています。しごとのみらいが週3日、サイボウズが週2日です。

 それぞれの収入は「1つの企業で、フルタイムで働く」人より少ないのですが(労働時間が少ないですしね)、合計すると平均ぐらいです。

 収入源が複数あるので、もし何らかの原因でどれかの収入が絶たれても、いきなり「ゼロ」にはなりません。半分程度は確保できます。

 このような働き方は、「将来を見据えて」やってきたわけではありません。どちらかといえば、「行き当たりばったり」。その時々で「必要だ」と思うことや、「やりたい」と思うことをやってきたら、こうなっていたのが実情で、いわば「結果論」です。

 それだけに、「オレはこんな働き方を目指してきたぜ」「これが絶対いい方法だ」などと、声高に言うつもりはありません。

 でも、「終身雇用が崩壊する」「老後はお金が足りない」といわれる今、改めて自分の働き方を振り返って「このような働き方なら、1つの会社に依存しているよりもリスクが少なくなるな」「これから目指す働き方の一つとしても、アリなのかもしれない」と思うようになりました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。