Special
» 2016年12月12日 07時00分 公開

足かけ6年の大移行プロジェクトを完遂した楽天の「Tech女子」に聞く:楽天市場を支える基幹データベースがOracle Exadataに移行──さらなる成長に向けてバッチ処理時間と運用管理コストを半減 (6/6)

[PR/@IT]
PR
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

バージョンアップの度に自動化機能が充実していくところがOracle Exadataの魅力

 2016年現在、Oracle Exadataに移行した基幹データベースは順調に安定稼働しており、楽天市場のさらなる成長と発展を支える準備は整った。煩雑なメンテナンス業務から解放され、ようやく5年先、10年先について考える余裕も生まれたという横内氏は、移行プロジェクトを影で支えた日本オラクルのスタッフへのねぎらいの言葉も忘れない。

 「Oracle Exadataへの移行では、日本オラクルの皆さまからさまざまなサポートをいただきました。移行を検討し始めた2010年からいろいろと相談に乗っていただき、最後まで親身にお付き合いいただいたことに、本当に感謝しています。システムでは想定外のことがしばしば起こりますが、それに対しても根気強く、問題の解決に向けて共に汗を流していただきましたし、移行を終えた現在も運用面で引き続きご支援いただいています」(横内氏)

 そして最後に、横内氏はOracle Exadataに感じている魅力を話してくれた。

 「Oracle Exadataは、バージョンアップのたびに自動化機構などが強化されてきているところが良いですね。例えば、ストレージサーバを内蔵していることを生かしたSmart Scanなど、Oracle Exadataならではの機能が増えてきている点はうれしいです。

 また最近、Oracle Database専用のバックアップマシンとしてZero Data Loss Recovery Applianceがリリースされました。企業システムにおいて、リカバリーも含めたバックアップはあまり日の目を見ない領域ですが、ここがしっかりとしていてこそ、ビジネスを安定的に支えていくことができます。こうした周辺機器の充実が進んでいるところもオラクル製品ならではの魅力だと思います」(横内氏)

 以上、楽天 横内氏へのインタビューを通して、楽天市場の基幹データベース移行プロジェクトの全容を紹介した。Oracle Exadataにより、ビジネスのさらなる成長を支える、より速く、堅牢で、スマートに運用管理できるデータベース基盤を手に入れた楽天の“Tech女子”は今後、この基盤をどのように活用/発展させていくのだろうか。引き続き注目していきたい。

関連資料

Oracle Exadataにより、従来のシステム基盤では成し得なかったさまざまなIT改革/ビジネス改革を成し遂げた企業の最新事例をダウンロード資料としてまとめました。ぜひ併せてご覧ください。

※ダウンロードにはTechTargetジャパンへの会員登録が必要です


photo オラクル データベース インサイダー記事一覧
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.


提供:日本オラクル株式会社
アイティメディア営業企画/制作:@IT 編集部/掲載内容有効期限:2017年1月11日

人気記事ランキング

本日月間

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。