プライベートクラウドをめぐる誤解

企業などの組織内で、サーバ仮想化基盤を構築・運用することが「プライベートクラウド」だと考える人は多いようだ。しかし、クラウドサービスが単なる仮想サーバホスティングサービスでないのと同様、プライベートクラウドも単なるサーバの仮想化統合ではない。では、プライベートクラウドを構築すべき理由とは何なのか。また、その具体的な要件とはどういったものなのだろうか。

TopStory

プライベートクラウドをめぐる誤解(1):

「プライベートクラウドは時代錯誤な考え方である」「仮想化=プライベートクラウドである」「プライベートクラウドは特定のベンダーや製品の宣伝文句」「クラウドの運用など自社にはできない」といった意見は「思い違い」。各ポイントに関する解説を通じて、プライベートクラウドの本質に迫る。

(2014年2月7日)
プライベートクラウドをめぐる誤解(2):

「データ管理」に関する考え方も、仮想化やプライベートクラウドといった概念が登場したことで、運用効率化に向けて発想を転換するチャンスが訪れた。運用効率化を軸にした3つの視点から選定指針を検討する。

(2014年3月27日)
プライベートクラウドをめぐる誤解(3):

プライベートクラウドの運用管理というと、各組織の状況を考慮せずに、1つのやり方を押し付けるような言い方がよく見られる。今回は、これまでのIT利用体制に応じ、プライベートクラウドの運用管理における力点が変わるべきだという点をお伝えする。

(2014年4月8日)
プライベートクラウドをめぐる誤解(4):

仮想化統合の取り組みを進めていくと、従来とは異なる運用上の課題が次々に浮上してくる。これにどう対処できるのか。具体的に考える。

(2014年4月23日)

特別企画「プライベートクラウド」の理想と現実- PR -

「プライベートクラウド」の理想と現実(1):

サーバーの統合だけでは「もったいない」。「プライベートクラウド」の概念が広まってきたいま、仮想化によるサーバー統合の先に、情報システム部門は何を見るべきか。多くの企業・組織においてITインフラの構築を支援している人物に現実解を聞く。

(2014年1月31日)
「プライベートクラウド」の理想と現実(2):

企業ITにおいて、データ管理は非常に重要な課題である。データ管理という観点から見ると、プライベートクラウドはどのような意味を持つのだろうか。また、その先にはどのような展望があるのだろうか。ストレージのエキスパートに語ってもらった。

(2014年2月12日)
「プライベートクラウド」の理想と現実(3):

サーバーを仮想化するだけで、プライベートクラウドといえるのだろうか。望ましいプライベートクラウドのあり方とは、どのようなものだろうか。サーバーとクラウド運用のエキスパートに語ってもらった。

(2014年3月24日)
「プライベートクラウド」の理想と現実(4):

ITテクノロジーの「その先」を見ている2人が、間もなく現実のものとなろうとしている「クラウドOS」的世界を予測。その時、情報システム部門が担う役割はどうなる? 今、その時に向けて準備すべきことは?

(2014年5月7日)

企業事例で理解するプライベートクラウド- PR -

事例:

積極的な海外展開を進めるファミリーマートは、基幹システムをクラウド化したことで新地域でのインフラ構築を約1週間で完了。切り替えも準備に1週間、実作業は1日で終了させるなど機敏性を手に入れた。そのスピードを可能にしたクラウドサービスとは?

事例:

インターネットの時刻表連動乗換案内サービスを提供している「駅探」は、災害対策への取り組みを強化、遠隔地でのデータバック実施にあたり、運用コストや負担を軽減し、安全なバックアップとしてクラウドサービスを選択した。

新着記事

「EF550はバッチ処理も得意」:

ネットアップは、同社のストレージ製品の大幅刷新を発表した。この製品はストレージ仮想化機能をオプションで提供。これはハイブリッドクラウドのデータ管理技術ベンダーに向けた、新たな一歩だと表現できる。同社はまた、オールフラッシュストレージ「NetApp EF550」が、バッチ処理にも向いているとアピールした。

(2014年2月20日)
CTCがOCP認定製品の販売開始へ:

CTCが1月27日、国内で初めて「Open Compute Project Foundation」とOCP認定ソリューションプロバイダとしての契約を結んだと発表した。では、OCP認定ソリューションプロバイダとは何なのか。

(2014年1月28日)
米フェイスブックは「12億ドル以上」のコスト削減効果を紹介:

データセンターなどの設備仕様のオープンソース化を推進する「Open Compute Project」(OCP)の第5回「Open Computeサミット」が2014年1月28日、カリフォルニア州サンノゼで開かれ、これまでの取り組みが紹介された。

(2014年1月29日)
「抜本的に見直し」たCisco IOSとASICを採用:

シスコシステムズは2013年11月27日、「Catalyst」スイッチをはじめとする企業向けネットワーク製品群を強化した。「Cisco Open Network Environment(ONE)」構想を形作る要素となる。

(2013年11月28日)
「SDN」を横と上に拡張:

シスコが11月19日に国内で説明した「Application Centric Infrastructure(ACI)」は、現在一般的に考えられているSoftware Defined Networking(SDN)の意味を、「横」と「上」に広げるものだ。

(2013年11月21日)
今後のストレージはクラスタ構成が当たり前:

ネットアップは7月11日、同社ストレージの最新OS、「Data ONTAP 8.2」の国内販売開始を発表した。拡張性を向上するとともに、きめ細かなクラスタ構成機能や高度なQoS機能を搭載。ビジネスとしてのクラウドストレージサービスにも使いやすくなっている。

(2013年7月11日)
Server & Storageイベントレポート:

クラウド環境・ビッグデータ関連市場が盛り上がる中、ストレージベンダはどんな価値を提供する? ストレージベンダの1社であるNetAppのイベントから。

(2013年1月8日)
Cisco Live 2013:

米シスコが企業ネットワーキング製品群で最上位機種を含む新製品を発表した。また、同社ネットワーク機器が接続性を提供するだけでなく、ネットワークと融合したアプリケーションの開発を支援する環境を整備していくことを、改めて強調した。

(2013年6月25日)
今後のストレージはクラスタ構成が当たり前:

ネットアップは7月11日、同社ストレージの最新OS、「Data ONTAP 8.2」の国内販売開始を発表した。拡張性を向上するとともに、きめ細かなクラスタ構成機能や高度なQoS機能を搭載。ビジネスとしてのクラウドストレージサービスにも使いやすくなっている。

(2013年7月11日)

関連Topics

ネットワーク仮想化には次がある:

ヴイエムウェアは、現在のSDNを超える世界を目指している。この新しい世界では、何ができるようになるのか。8月最終週に行った、米ヴイエムウェア ネットワークCTO、マーティン・カサド氏へのインタビューの前編をお届けする。

(2013年9月17日)
VMware NSXを2013年中に提供開始:

ヴイエムウェアは旧Niciraのネットワーク仮想化製品「NVP」などの技術を継承したSoftware Defined Networking製品、「VMware NSX」を2013年中に提供開始する。ネットワーク仮想化をベースに、これまでにできなかった機能を実現するプラットフォームに進化していく。

(2013年8月29日)
NiciraのNVPをベースに異種クラウド環境対応:

米ヴイエムウェアは、2012年に同社が買収した米Niciraの「NVP」と、「VMware vCloud Networking and Security」を統合した新たなネットワーク/セキュリティ仮想化ソリューション「VMware NSX」を今年後半に提供開始する。その概要を紹介する。

(2013年3月15日)
パブリック/プライベートを問わずマルチクラウドを統合管理:

Scalrは、WebベースのGUIインターフェイスを提供しており、WebサーバのオートスケールやDBサーバのフェイルオーバを容易に行えるOSSのクラウド管理ツールだ。

(2013年6月11日)
通信事業者のAWS対抗を支援?:

米Rackspace Hostingは4月15日、各国の通信事業者やサービスプロバイダーによるOpenStackクラウドの設計や運用を支援し、相互接続されたグローバルクラウドネットワークを構築する計画を発表した。

(2013年4月16日)
エンタープライズ向けプライベートクラウド市場に勝機あり:

米VMwareのCEOとして初来日したパット・ゲルシンガー氏。同社CEOに就任して2カ月、ゲルシンガー氏はVMwareをどのような方向性に導こうとしているのだろうか。

(2012年11月6日)

関連の解説記事

お勧めのホワイトペーパー

2007年より販売開始したCTC独自のプライベートクラウド基盤であるVM Poolは、クラウド環境でのセキュリティにも配慮しており、既に豊富な実績がある。

「柔軟な拡張性」と「運用の効率化」という、ストレージに関する相反する課題を長らく解決できずにいるIT部門。その理由を考察するとともに、解決するためのストレージの要件を示そう。

データセンター事業を手掛けているイーツは、より高いパフォーマンスと運用負荷の低減を実現するサーバ製品を探していた。ネットワーク製品との親和性を重視した同社が選んだソリューションとは?

この記事に関連するホワイトペーパー

RSSについて

アイティメディアIDについて

メールマガジン登録

@ITのメールマガジンは、 もちろん、すべて無料です。ぜひメールマガジンをご購読ください。