.NET TIPS

画面の色数を取得するには?[2.0のみ、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2006/04/07

 .NET Framework 1.xでは、「TIPS:ディスプレイの解像度を取得するには?」で説明されているように、画面(ディスプレイ)の解像度を取得するための機能が提供されていた。しかし残念ながら、画面の色数を取得することはできなかった*1

*1 画面の色数とは(ディスプレイに映像を表示する)ビデオ・ドライバがサポートする色の数のことで、その表現方法として「ビット・パー・ピクセル(Bits Per Pixel)」という単位、つまり1ピクセル(=1つの画素)当たり何bitの色情報(=色深度:Color Depth)を持っているかを表す単位が用いられる。代表的な画面の色数としては、「256色(8bitカラー)」「ハイ・カラー(High Color。例えば16bitカラー)」「トゥルー・カラー(True Color。例えば24bitカラー、32bitカラー)」などがある。

 このため、従来の.NET Framework 1.xで画面の色数を取得するには、Win32 APIのGetDeviceCaps関数の第2パラメータに「BITSPIXEL」というフラグを渡して呼び出す必要があったのだ(ちなみに第1パラメータには、色数を取得したいディスプレイのデバイス・コンテキスト・ハンドルを渡す)。つまり、この処理は.NET Frameworkのクラス・ライブラリだけでは気軽に実装できなかったのだ。

 しかし.NET Framework 2.0では画面の色数を取得するためのプロパティが新たに追加されており、非常に簡単にこの処理を実装できるようになっている。具体的には次のプロパティが追加された。

  • Screenクラス(System.Windows.Forms名前空間)のBitsPerPixelプロパティ

 このプロパティは読み取り専用で、画面の色数をint型(Integer型)の数値で返す。

 次のサンプル・プログラムは、このBitsPerPixelプロパティを実際に利用したコンソール・アプリケーションの例である。このプログラムは、プライマリ・スクリーン(=コンピュータに接続されているメイン・ディスプレイ)の色数を取得して、「画面の色数は<32bitカラー>です。」といったテキストを出力する。

using System;
using System.Windows.Forms;

namespace ConsoleApplication1
{
  class Program
  {
    static void Main(string[] args)
    {
      int bpp = Screen.PrimaryScreen.BitsPerPixel;
      Console.WriteLine("画面の色数は<" +bpp+ "bitカラー>です。");
    }
  }
}
Imports System.Windows.Forms

Module Module1

  Sub Main()
    Dim bpp As Integer = Screen.PrimaryScreen.BitsPerPixel
    Console.WriteLine("画面の色数は<" + bpp + "bitカラー>です。")
  End Sub

End Module
Screen.BitsPerPixelプロパティを実際に利用したサンプル・プログラム(上:C#、下:VB)
このサンプル・プログラムはコンソール・アプリケーションとして作成しているが、ScreenクラスはSystem.Windows.Forms名前空間にあるので、コンパイルには「System.Windows.Forms.dll」への参照が必要である。

 ここで注意してほしいのは、ScreenクラスのBitsPerPixelプロパティは静的なプロパティではない(=インスタンス・プロパティ)ということである。そのためここではプライマリ・スクリーンのScreenオブジェクトを取得して、それが持つBitsPerPixelプロパティから画面の色数を取得するようにしている。

 上記のコードから分かるように、プライマリ・スクリーンのScreenオブジェクトを取得するには、Screenクラスの静的なPrimaryScreenプロパティを利用すればよい。

 なお、複数のディスプレイを接続しているような環境で、セカンダリ・スクリーン以降のScreenオブジェクトを取得したい場合には、ScreenクラスのAllScreensプロパティを使って目的のScreenオブジェクトを取得する必要がある。その具体的な実装方法については本稿では割愛する。詳しくは、冒頭でも示した「TIPS:ディスプレイの解像度を取得するには?」の「複数のディスプレイが接続されている場合」の項目の説明を参照してほしい。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Windowsフォーム 処理対象:ウィンドウ
使用ライブラリ:Screenクラス(System.Windows.Forms名前空間)
関連TIPS:ディスプレイの解像度を取得するには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
ディスプレイの解像度を取得するには?
マウス・カーソルの位置を取得・設定するには?
アプリケーション画面のハードコピーを保存するには?
Visual Studio 2012のXAMLデザイナで「色名」により色を指定するには?
コンソール・アプリケーションで文字色や背景色を変えるには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH