.NET TIPS

コード・スニペットを素早く挿入するには?[VS 2005のみ、C#、VB]

デジタルアドバンテージ 一色 政彦
2006/04/14


Visual Basic 2005 ここが便利!IDE編 ― 第7回 どう書くんだっけ? を「コード・スニペット」で一発挿入!

 Visual Studio 2005(VS 2005)には、繰り返し利用するパターン化されたコードを簡単に挿入するための「コード・スニペット」という機能が搭載されている。

 コード・スニペットを利用するには、基本的に、コード・エディタ上で右クリックしてコンテキスト・メニューを開き、そこから[スニペットの挿入]を選択するか、メニュー・バーの[編集] −[IntelliSense]を開き、そこから[スニペットの挿入]を選択すればよい*1。また、ショートカット・キーを利用してコード・スニペットを挿入するならば、[スニペットの挿入]コマンドは[Ctrl]+[K]キーを押し、続けて[X]キーを連続で押せばよい(以降、「[Ctrl]+[K]、[X]キー」のように表記)*2

*1 C#には[スニペットの挿入]だけでなく、[ブロックの挿入]というコマンドもある。これを実行すると、選択された範囲のテキストを囲んで(=surround-with)その上と下にコード・スニペットを挿入できる。例えば、ある範囲のテキスト・ブロックを「#region〜#endregion」で囲みたい場合には、その範囲のテキストを選択して[ブロックの挿入]を実行すればよいわけだ。ただし既定で用意されているブロックは、基本的にスニペットとしても登録されているため、わざわざ[ブロックの挿入]を選択する必要性はほとんどない。
*2 C#の[ブロックの挿入]コマンドを実行するには、[Ctrl]+[K]、[S]キーを押せばよい。[Ctrl]+[K]キーは、主に[編集]関連のコマンドに使われるショートカット・キーで、その後に続く[X]キーは「eXpansionコード・スニペット」(=通常のスニペット。「Expansion Templates」とも呼ばれる)を意味し、[S]キーは「Surround Withコード・スニペット」(=ブロック。「Surround With IntelliSense」とも呼ばれる)を意味する。

 しかしこれ以外にもコーディングしながら素早くコード・スニペットを挿入する方法がある。それがショートカット名を使ったコード・スニペットの挿入だ。

ショートカット名を使ってコード・スニペットを挿入する方法

 例えば[プロパティの定義]を挿入するコード・スニペットのショートカット名は、C#では「prop」として、Visual Basic(VB)では「property」として登録されている。

 この情報は、Visual Studio 2005 IDEのメニュー・バーから[ツール] −[コード スニペット マネージャ]を選択して[コード スニペット マネージャ]ダイアログを表示し、該当のコード・スニペット項目を選択すれば参照できる。次の画面は実際にそれを行っているところだ。

[コード スニペット マネージャ]でのショートカット名の確認
[コード スニペット マネージャ]で該当のコード・スニペット項目を選択すれば、そのショートカット名を参照できる。
  「Visual Basic」言語のコード・スニペットの中の[共通コード パターン] −[プロパティとプロシージャ]  −[プロパティの定義]を選択したところ。
  ショートカット名として「Property」が表示される。

 実際にこの[プロパティの定義]スニペットをコードに挿入するには、次の画面のように、C#なら「prop」、Visual Basicなら「property」を入力して、続けて[TAB]キーをたたけばよい。

C#におけるショートカット名によるコード・スニペットの挿入
「prop」というショートカット名を入力して[プロパティの定義]のコード・スニペットを挿入しているところ。
  「prop」を入力して、[TAB]キーを押す。するとAのようなコード・スニペットが挿入される。
  コード・スニペット機能では、編集が必要な個所が色付けされる。スニペットを挿入した直後は、[TAB]キーを押すごとにこの色付けされた個所をカーソルが移動するので、適宜コードを編集しながら何度か[TAB]キーを押していくだけでコードの編集が完了する。

Visual Basicにおけるショートカット名によるコード・スニペットの挿入
「property」というショートカット名を入力して[プロパティの定義]のコード・スニペットを挿入しているところ。
  「property」を入力して、[TAB]キーを押す。するとAのようなコード・スニペットが挿入される。
  コード・スニペット機能では、編集が必要な個所が色付けされる。スニペットを挿入した直後は、[TAB]キーを押すごとにこの色付けされた個所をカーソルが移動するので、適宜コードを編集しながら何度か[TAB]キーを押していくだけでコードの編集が完了する。

 Visual Studio 2005のC#およびVBに既定で用意されているコード・スニペットが持つショートカット名の一覧表を別ページに示しておく。

 これらすべてを覚える必要はないが、よく使うものだけは記憶しておくといくらか作業効率が増すのではないだろうか。End of Article

利用可能バージョン:.NET Framework 2.0のみ
カテゴリ:Visual Studio 2005 処理対象:IDE

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
C#でタスク・ベースのコード・スニペットを利用するには?
C#で独自のコード・スニペットを登録するには?
VBで独自のコード・スニペットを登録するには?
チーム内でコード・スニペットを共有するには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH