連載:[完全版]究極のC#プログラミング

Chapter14 拡張メソッド

川俣 晶
2010/03/01

14.4 スイッチなしで機能する例

 ここで1つだけ注意が必要である。実は、using文を用いてインポートする(スイッチを入れる)ことなく、拡張メソッドが有効になってしまうケースが存在する点である。

 リスト14.6では、Visual Studio 2008でコンパイルしたとき、「using Y;」抜きで拡張メソッドを呼び出すことができてしまう。

using System;

namespace X
{
  class A
  {
  }
}

namespace Y
{
  static class B
  {
    // 拡張メソッド
    public static void MyMethod(this X.A a)
    {
      Console.WriteLine("MyMethod called");
    }
  }
  class Program
  {
    static void Main(string[] args)
    {
      var a = new X.A();
      a.MyMethod();
    }
  }
}
リスト14.6 スイッチなしで機能する例

 拡張メソッド自身が呼び出すコンテキスト上のデフォルト名前空間上にあるときは、特に明示的なインポートを指定しなくても呼び出せるようである。しかし、それが言語仕様上、妥当な挙動であるかまでは判断し切れなかった。このような書き方は、通常行わないと思うが、勉強のためのテストプログラムなどで書いてしまうことがありうるので、特に注意喚起のために載せておく。


 INDEX
  [完全版]究極のC#プログラミング
  Chapter14 拡張メソッド
    1.14.1 C# 2.0プログラマーの悲劇
    2.14.2 Allメソッドを利用するのに必要な記述
    3.14.3 拡張メソッドの概要
  4.14.4 スイッチなしで機能する例
    5.14.5 sealedクラスを拡張する
    6.14.6 拡張メソッドはオブジェクト内部に手出しできない
    7.14.7 拡張メソッドはオブジェクトの振る舞いを変更できない
    8.14.8 拡張メソッドが安全である理由
    9.14.9 メソッド呼び出しと型の関係
    10.14.10 thisの正体
    11.14.11 拡張メソッドを使用すべきとき
    12.14.12 コレクションに拡張されるメソッド
    13.14.13 なぜ「using System.Linq;」なのか?/練習問題
 
インデックス・ページヘ  「[完全版]究極のC#プログラミング」

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH