特集

.NET言語による次世代Officeソリューションの開発

―― Visual Studio Tools for Office 概要 ――

1. VSTOソリューションとは

デジタルアドバンテージ 一色政彦
2003/12/17

Page1 Page2 Page3 Page4

 ExcelやWordを業務アプリケーションのフロントエンドにして利用するには、Excel/WordのOffice製品を外部のプログラムから操作する必要がある。Office製品の新しいバージョンであるOffice 2003では、このための機能が2つ用意されている。1つは、「Office COMアドイン」。もう1つが、Office 2003で新たに追加された「Visual Studio Tools for Officeソリューション(以降、VSTOソリューション)」だ。

 Office COMアドインは、Officeの機能を拡張するための「COMモジュール」である。一方、VSTOソリューションは、Officeの機能を拡張するための「.NETアセンブリ」である。両者の目的は同じといってよいが、VSTOソリューションは、単にCOMアドインと同じ機能を.NETアセンブリで実現しているというわけではない。VSTOソリューションは、これまでのOffice COMアドインとは異なり、自動ダウンロード/自動アップデートやセキュリティ機能などの.NET Frameworkテクノロジが利用できるのだ。このVSTOソリューションにおける.NET Frameworkテクノロジの内容については、Windows Server Insider「Office 2003で変わる業務アプリケーション」で解説しているので、詳しくはそちらを参照していただきたい。

 なお、読者の中には、Officeでは「VBA(Visual Basic for Applications)マクロ」という機能もあると考えた方もいるかもしれない。ただし、マクロとは「一連の作業手順を登録して再利用する」のが目的で、Office Systemソリューションの構築にはあまり適していない。よって、ここではOffice拡張機能には含めなかった。

 Office COMアドインの開発では、以下のような開発言語が使用できる(※VBAはマクロだけでなく、COMアドインも作成できる。詳しくは、MSDN「Microsoft Office XP Developer ウォークスルー : VBA を使って COM アドインを作成する」を参照されたい)。

  • Visual Basic 6.0/Visual C++
  • Visual Basic .NET/C#
  • VBA(Visual Basic for Applications。Visual Basicから派生したOfficeビルトイン開発環境)

 これらの開発言語の中で注意すべきなのは、Office COMアドインでもVisual Studio .NET(Visual Basic .NET、C#)が使えるところだ。つまり、Office COMアドインでは.NETアセンブリが使えるのである。この.NETアセンブリは、OfficeマネージCOMアドインと呼ばれている。しかし、前述したように、VSTOソリューションとOffice COMアドインとでは.、.NET Frameworkテクノロジが利用できるかできないかの違いがあることに留意すべきである。つまり、Visual Studio.NETで作成したCOMアドインは、.NETアセンブリであっても.NET Frameworkテクノロジを利用することができないのだ。

 一方、VSTOソリューションの開発では、「Visual Studio Tools for the Microsoft Office System(以降、VSTO)」が必須となる。VSTOは、「Microsoft Office System ソリューション(VSTOソリューション)」構築専用の開発ツールで、Visual Studio .NET 2003(以降、VS.NET)用のアドオンソフト、具体的にはVisual Basic .NET 2003(以降、VB.NET)とVisual C# .NET 2003(以降、C#)用のプロジェクト・テンプレートである。VSTOをインストールすることにより、VB.NET/C#の両言語とも、「Excelワークブック」、「Wordドキュメント」、「Wordテンプレート」の3つのプロジェクト・テンプレートが利用できるようになる

Visual Studio .NET 2003に追加されたVSTOプロジェクト・テンプレート
「新しいプロジェクト」ダイアログ。VS.NET2003のIDE(統合開発環境)のメニュー・バーから[ファイル]−[新規作成]−[プロジェクト]を実行すると起動できる。
  プロジェクトの種類。[Microsoft Office System Projects]の下にVSTOのプロジェクト・テンプレートがある。[Visual Basic プロジェクト]と[Visual C# プロジェクト]の2つの開発言語から選択できる
  プロジェクト・テンプレート。「Excelワークブック」「Wordドキュメント」「Wordテンプレート」の3つのテンプレートがある

 本稿では、VSTOによる開発を紹介する。VSTOソリューションの仕組みを説明したあと、VSTOが生成するコードの内容について解説していく。なお、プログラムのコードはすべてVisual Basic .NETで示す。ただし、Visual C# .NETのコードもファイルとして添付する。

■VSTOについて
 VSTOは2003年11月14日から店頭販売が開始されている。価格は通常パッケージが8万9800円、優待パッケージが4万5800円だ。優待パッケージ対象製品は次のとおり。

  • Office Developer (2000, XP)
  • Visual Studio .NET 2003 Enterprise Architect、Enterprise Developer、Professional
  • Visual Basic .NET 2003

 パッケージには、Visual Studio Tools for Officeのほかに、 Visual Basic .NET、SQL Server 2000 Developer Edition、Access 2003 Developer Extensionsが含まれている。よって、VSTOを購入すればVSTOソリューションをすぐに開発できる。ただし、Office 2003は別途購入する必要があるので、注意が必要だ。また、C#の開発環境はVSTOに含まれていないため、Officeソリューション開発にC#を使いたい場合は、Visual Studio .NET 2003またはVisual C# .NET 2003を購入する必要がある。注意していただきたい。

 

■Microsoft Office Systemについて
 Microsoft Office Systemとは、Microsoft Office 2003 Editionを構成するWord、Excel、Accessなどのプログラム群と、Windows SharePoint Servicesなどのサーバ・システム、それらが提供するサービスとソリューションを意味する。

 
 

 INDEX
  [特集].NET言語による次世代Officeソリューションの開発
   1.VSTOソリューションとは
     2.VSTOソリューションのメリットと実行の仕組み
     3.VSTOソリューションの開発
     4.VSTOのコードとプログラミング
 

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH