OpenIDの仕様と技術 連載インデックス


山口 徹

サイボウズ・ラボ株式会社


仕様から学ぶOpenIDのキホン
OpenIDの仕様と技術(1)
 URLをIDとして利用する認証プロトコル、OpenIDが注目を集めています。どのような仕組みであなたが「あなた」であることを証明するのかを確かめよう

Security&Trust」フォーラム 2007/7/6
あなたのサイトをOpenID対応にしている2行の意味
OpenIDの仕様と技術(2)
 サイトをOpenIDに対応させるにはヘッダに2行追加するだけ。その2行の裏でどのようなやりとりが行われているか、知りたくありませんか?

Security&Trust」フォーラム 2007/8/10
Consumerの実装を知り、OpenIDを使ってみよう
OpenIDの仕様と技術(3)
 さあ、準備運動は完了です。今回はPerl、Catalystを利用し、実際にOpenIDを活用したサイト――Consumer側の実装を体験しましょう

Security&Trust」フォーラム 2007/9/21
OpenIDをとりまくセキュリティ上の脅威とその対策
OpenIDの仕様と技術(4)
 さまざまなWebサービスが対応を表明し、より身近な技術となったOpenID。ところで、OpenIDのセキュリティ対策はどうなっているのでしょうか

Security&Trust」フォーラム 2007/11/20
OpenID Authentication 2.0時代の幕開け
OpenIDの仕様と技術(5)
 2007年12月に正式に仕様化されたOpenID 2.0。今回は新たに追加された用語やYadisプロトコルによるディスカバリー手法を解説します

Security&Trust」フォーラム 2008/02/19

Profile
山口 徹(やまぐち とおる)

サイボウズ・ラボ株式会社


サイボウズ・ラボ株式会社のプログラマー。

バーテンダーからIT業界に転身後、様々なWeb制作を行い、大規模コミュニティサイトの開発・運用を経て、現在は研究開発の日々。Perl使い。

Perlを中心とした開発のノウハウやネタをShibuya Perl Mongersのイベント等で発表するなど講演活動も行う。

個人の開発日記は「Yet Another Hackadelic」、仕事のブログは「log4ZIGOROu

Security&Trust記事一覧

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 「セキュリティリサーチャー」って何をする人? (2017/5/26)
     ネットにはさまざまな脅威や脆弱性の情報もあふれている。そんな情報過多な状況から、有用な情報だけを選別し、正しく共有していくこともまた必要だ。WannaCry騒ぎ、Apache Struts 2脆弱性……そのとき「彼ら」は何をしていたのか
  • マルウェアを防ぐには出入口対策から――複数のセキュリティ技術で多層防御する (2017/5/24)
    人員リソースや予算の限られた中堅・中小企業にとって、大企業で導入されがちな、過剰に高機能で管理負荷の高いセキュリティ対策を施すのは現実的ではない。本連載では、中堅・中小企業が目指すべきセキュリティ対策の“現実解“を、特に標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)対策の観点から考える。
  • セキュリティ対策でモノを言うのは「スピード」、20秒以内で検知可能なローソン (2017/5/16)
    「脅威の侵入を100%防ぐのは不可能」という前提に立った新たなセキュリティ対策を模索してきたローソン。脅威の検知と一次対応を速やかに実行し、迅速なインシデントレスポンスを支援するツールを導入した結果、20秒以内に社員が利用する約7000台のPCから感染端末を検索する体制を立ち上げた。
  • 無線LANのただ乗りに「無罪判決」の驚き (2017/5/11)
    2017年4月、セキュリティクラスタが注目したのは先月に続いて「Apache Struts 2」の脆弱(ぜいじゃく)性。対応がよろしくない組織が目立ったためです。無線LANのただ乗りに対して「無罪判決」が出たことにも、話題が集まりました。
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH