OpenIDの仕様と技術 連載インデックス


山口 徹

サイボウズ・ラボ株式会社


仕様から学ぶOpenIDのキホン
OpenIDの仕様と技術(1)
 URLをIDとして利用する認証プロトコル、OpenIDが注目を集めています。どのような仕組みであなたが「あなた」であることを証明するのかを確かめよう

Security&Trust」フォーラム 2007/7/6
あなたのサイトをOpenID対応にしている2行の意味
OpenIDの仕様と技術(2)
 サイトをOpenIDに対応させるにはヘッダに2行追加するだけ。その2行の裏でどのようなやりとりが行われているか、知りたくありませんか?

Security&Trust」フォーラム 2007/8/10
Consumerの実装を知り、OpenIDを使ってみよう
OpenIDの仕様と技術(3)
 さあ、準備運動は完了です。今回はPerl、Catalystを利用し、実際にOpenIDを活用したサイト――Consumer側の実装を体験しましょう

Security&Trust」フォーラム 2007/9/21
OpenIDをとりまくセキュリティ上の脅威とその対策
OpenIDの仕様と技術(4)
 さまざまなWebサービスが対応を表明し、より身近な技術となったOpenID。ところで、OpenIDのセキュリティ対策はどうなっているのでしょうか

Security&Trust」フォーラム 2007/11/20
OpenID Authentication 2.0時代の幕開け
OpenIDの仕様と技術(5)
 2007年12月に正式に仕様化されたOpenID 2.0。今回は新たに追加された用語やYadisプロトコルによるディスカバリー手法を解説します

Security&Trust」フォーラム 2008/02/19

Profile
山口 徹(やまぐち とおる)

サイボウズ・ラボ株式会社


サイボウズ・ラボ株式会社のプログラマー。

バーテンダーからIT業界に転身後、様々なWeb制作を行い、大規模コミュニティサイトの開発・運用を経て、現在は研究開発の日々。Perl使い。

Perlを中心とした開発のノウハウやネタをShibuya Perl Mongersのイベント等で発表するなど講演活動も行う。

個人の開発日記は「Yet Another Hackadelic」、仕事のブログは「log4ZIGOROu

Security&Trust記事一覧

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 専門家が教える「脆弱性情報」の見方 (2016/5/27)
     セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第26回のテーマは「脆弱性情報への対処の仕方」です。名前や危険度などの情報に振り回されないための考え方を解説します
  • 「ヒューマンエラー」は個人の責任ではない (2016/5/24)
     人間にまつわるセキュリティを考える本連載。今回のテーマは「ヒューマンエラー」です。個人の意識だけに原因を求めてもうまくいかないヒューマンエラー対策について考えます
  • インシデント発生時のコストを最小限に抑えるデータ運用術 (2016/5/23)
     内部不正などのセキュリティインシデント発生時に避けて通れないのが、関連データを洗い出し、解析する「フォレンジック」だ。本稿では、万が一に備えた「データ運用術」を現場の“デジタルフォレンジッカー”が指南する
  • 「Google Hacking(グーグル ハッキング)」とは (2016/5/20)
     セキュリティ専門家が時事ネタを語る本連載。第25回は用語解説シリーズです。「Google Hacking(グーグル ハッキング)」を取り上げます
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH