海外 浩平
日本SELinuxユーザ会

SELinuxのアクセス制御をデータベースでも
SE-PostgreSQLによるセキュアDB構築(1)
 オープンソースのRDBMSでもアクセス制御はここまでできる! 日本発のセキュリティ機能拡張、SE-PostgreSQLを体感しよう
Security&Trust」フォーラム 2007/8/3
データベース強制アクセス制御をカスタマイズする
SE-PostgreSQLによるセキュアDB構築(2)
 正式版も公開されたSE-PostgreSQL。今回はTEによる行や関数へのアクセス制御、条件変数のカスタマイズを体験します

Security&Trust」フォーラム 2007/9/4
アクセス制御の実装は“巧妙”かつ“大胆”に
SE-PostgreSQLによるセキュアDB構築(3)
 高度なアクセス制御はどのようにして実現されているのでしょうか? クエリーがたくみに書き換えられる様子を見てみましょう

Security&Trust」フォーラム 2007/10/12
SE-PostgreSQLの実運用に向けて
SE-PostgreSQLによるセキュアDB構築(終)
 スタートしたばかりのSE-PostgreSQLですが、運用を見据えた設計になっています。気になるパフォーマンスもチェックしましょう

Security&Trust」フォーラム 2007/11/27

Profile
海外 浩平(かいがい こうへい)

日本SELinuxユーザ会

某社でLinuxカーネルの開発・サポートを行うかたわら、SELinux並列実行性能の改善や、組み込み向けファイルシステムのSELinux対応などを行っている。

現在は本業に加えて、IPA未踏ソフトウェア創造事業の支援を受けて、SE-PostgreSQL開発という二足のわらじを履いている日々。

「アンチ事なかれ主義」がモットー、好きな言葉は「前代未聞」。

Security&Trust記事一覧

@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 情報危機管理コンテストで考える――人材は育てるもの? それとも育つもの? (2017/6/21)
    さまざまなセキュリティインシデントに対応する能力をコンテスト形式で鍛える「第12回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が、2017年5月25〜27日に和歌山県田辺市で開催された。競技シナリオにもない脆弱(ぜいじゃく)性を見つけたチームあり、意識的に初参加者を加えたチームあり、これまでのコンテストの枠を超えた戦いが繰り広げられた
  • リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由 (2017/6/19)
     本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピューターインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする
  • 「WannaCry」の次は「SambaCry」? (2017/6/14)
    2017年5月のセキュリティクラスタ、ゴールデンウイークはのんびり過ごせたものの、その後が大変。ワームとして動くランサムウェア「WannaCry」の話題で持ちきりとなりました。騒ぎが落ち着いたと思ったら「SambaCry」が話題に。結局5月末まで、Windowsファイル共有サービスがタイムライン(TL)を賑わしていました。この他、無線LANのタダ乗り無罪判決に対し、総務省が違法だと主張してTL上で意見が飛び交いました。
  • 「WannaCry」にどう対処する、猛威を振るった「ランサムウェア」を知る記事12選 (2017/5/30)
     2017年5月12日からランサムウェア「WannaCry」が大きな話題になった。これをきっかけにランサムウェア対策を講じることになった企業も多いのではないだろうか。本稿では、ランサムウェアに関する記事をピックアップ。今後のセキュリティ対策の参考にしてみてはいかがだろうか
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH