ICDロゴ

API (Application Programming Interface)

【エー・ピー・アイ】

最終更新日: 1998/09/30

 プログラムが別のプログラムと通信するためのインターフェイス。

 たとえばWindowsなどのOSは、アプリケーションが各種のOSのサービス(ファイルI/Oやメモリ管理など)を利用できるようにするために、サービスの窓口を用意している。これがAPIである。一般的なOSでは、関数の呼び出し形式により、サービスの利用を可能にする。これに対しオブジェクト指向インターフェイスを持つOSでは、関数の呼び出し方式ではなく、オブジェクト間のメッセージ送受信によって通信を行うようになっている。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

アイティメディアの提供サービス

TechTargetジャパン

キャリアアップ

- PR -