ICDロゴ

オンスクリーン・ディスプレイ (on-screen display)

別名
オンスクリーン機能 (on-screen function) 【オン・スクリーン・キノウ】
OSD (on-screen display) 【オー・エス・ディー】

最終更新日: 2001/12/20

 CRTディスプレイや液晶ディスプレイなどにおいて、現在の状態をディスプレイに表示しながら調整可能にする機能。OSDとも呼ばれる。

 初期のディスプレイでは、水平/垂直方向のサイズ変更や水平/垂直方向の位置調整、コントラスト設定、糸巻き歪み補正など、設定項目に応じてそれぞれの調整用のツマミが用意されていた。しかしこの方法では、設定項目が増えると、それに応じてツマミを増やす必要があり、実装上の問題に加えて、コスト上昇の原因ともなっていた。そこでディスプレイ・メーカーは、共通のツマミを使用しながら、設定項目を切り替えて、複数の設定ができるようにした。これには、現在の設定項目を表示する必要があるが、これをディスプレイ上に表示するようにしたのがオンスクリーン機能である。これにより、豊富な情報をユーザーに簡単に提示できるようになり、かつ調整用のスイッチ類の数も大幅に減らすことができる。

Copyright (C) 2000-2007 Digital Advantage Corp.

関連用語

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -