厳密なアクセス権限管理でセキュアな環境実現

SELinux上でAndroidの動作検証に成功、日立ソフト

2008/05/28

 日立ソフトウェアエンジニアリングはSELinux上で稼働するAndroidのデモンストレーションを一般公開した。5月28日から3日間の予定で、東京ビッグサイトで開催したLinuxWorld Expo/Tokyo 2008で展示している。

 シャープ製の携帯デバイス「Zaurus SL-C3200」の上に実装した。AndroidにはLinuxカーネルやJava VMが含まれるが、「Androidはあまりセキュリティのことを考慮していない」(説明担当者)ため、Javaアプリケーションからデータベースやファイルといったリソースにアクセスできてしまう。

 日立ソフトはSELinux上でAndroidを稼働させることで、セキュアな環境が実現できることを検証。悪意のあるアプリケーションに対してOSや重要なファイルを防御する仕組みを実装した。

 SELinuxではポリシーに基づいてファイルアクセスの権限管理を厳密に行えるため、例えば携帯電話端末でビジネスモードとプライベートモードを明示的に切り替える機能が実現できるという。モード切り替えにより、プライベートモード利用時に起動した電話帳からは、ビジネスモードの電話帳データにアクセスできないよう設定できる。このほかの使い方として日立ソフトでは、ビジネスモードに切り替えたときだけ社内ネットワークのVPN網への接続を許可する、あるいは通話ログや操作ログを管理者モードからのみアクセス可として不正利用を防止するなどのシーンを想定しているという。

hitachi01.jpg シャープ製の携帯端末上でSELinux+Androidを稼働させたデモンストレーション。プライベートモードとビジネスモードを切り替えることで、ファイル・データベースへの厳密なアクセス制御ができる
hitachi02.jpg 検証内容とデモンストレーションの概要(クリックで拡大)

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:


@IT Special

- PR -

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事
  • 情報危機管理コンテストで考える――人材は育てるもの? それとも育つもの? (2017/6/21)
    さまざまなセキュリティインシデントに対応する能力をコンテスト形式で鍛える「第12回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が、2017年5月25〜27日に和歌山県田辺市で開催された。競技シナリオにもない脆弱(ぜいじゃく)性を見つけたチームあり、意識的に初参加者を加えたチームあり、これまでのコンテストの枠を超えた戦いが繰り広げられた
  • リクルートのCSIRTが、マルウェア対策の一部を内製化した理由 (2017/6/19)
     本連載では、ランサムウェアを含む「マルウェア感染」という、さまざまな企業が頭を悩ませる問題について、リクルートグループのコンピューターインシデント対応チーム「Recruit-CSIRT」の発想と技術をお伝えする
  • 「WannaCry」の次は「SambaCry」? (2017/6/14)
    2017年5月のセキュリティクラスタ、ゴールデンウイークはのんびり過ごせたものの、その後が大変。ワームとして動くランサムウェア「WannaCry」の話題で持ちきりとなりました。騒ぎが落ち着いたと思ったら「SambaCry」が話題に。結局5月末まで、Windowsファイル共有サービスがタイムライン(TL)を賑わしていました。この他、無線LANのタダ乗り無罪判決に対し、総務省が違法だと主張してTL上で意見が飛び交いました。
  • 「WannaCry」にどう対処する、猛威を振るった「ランサムウェア」を知る記事12選 (2017/5/30)
     2017年5月12日からランサムウェア「WannaCry」が大きな話題になった。これをきっかけにランサムウェア対策を講じることになった企業も多いのではないだろうか。本稿では、ランサムウェアに関する記事をピックアップ。今後のセキュリティ対策の参考にしてみてはいかがだろうか
- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

Security & Trust 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH