Google App EngineでPythonに続いて第2弾

グーグルのクラウドがJava対応、JRubyも稼働か

2009/04/08

 グーグルは4月7日、利用者が作成したアプリケーションをスケーラブルなホスティング環境で稼働させられるクラウド系サービス「Google App Engine」で、新たにJavaをサポート言語に加えたと発表した。現在、早期テスト版として1万ユーザーに限定してSDKを提供している。

 提供するJavaランタイムや、そのほかのApp Engine上のサービスはJSRなどの標準に従っているため、Java開発者は違和感なくApp Engineを利用できるという。既存のサーブレット環境からのアプリケーションをApp Engine上に移植するのは容易としている。今回新たにEclipse用プラグインでApp Engineをサポート。GWT(Google Web Toolkit)を使った開発も可能だ。

Java 6対応のサンドボックス化したJVM

 Google App Engineはグーグルのクラウド基盤を利用したサービス。処理負荷によって動的に稼働サーバの数を増減させることで、スケーラブルなサービスを設計・配備できる。これまで対応していたPythonおよび、そのWebアプリケーション開発フレームワークの「Django」に加え、ビジネス分野で採用実績の多いJavaを加えたことで、利用シーンが広がりそうだ。

 App Engineのインフラ上で動くのはJava 6対応のJVMで、Javaサーブレットインターフェイスや、App Engine上に用意されたデータストレージなどのサービスも利用できる。Java 6以前の環境で作られたほとんどのJavaクラスはほぼそのまま利用可能だが、App Engine上のJVMはサンドボックス環境で動いているため、スレッド生成やローカルのファイルシステムへの書き込み、JNI(Java Native Interface)は利用できないという。

永続ストレージ、メモリキャッシュなども提供

 ストレージ系サービスとして「App Engine Datastore」が利用できる。スケーラブルで永続性を持ったデータの保存先で、JDO 2.3(Java Data Objects)またはJPA 1.0(Java Persistence API)から利用できる。グーグルでは、JDO/JPAをサポートしたオープンソース実装「DataNucleus Access Platform」を利用しているという。「App Engine Memcache」はキャッシュ用の分散ストレージを提供する。これはJSR 107で規程されているJCacheを実装したものだという。

 このほか、JavaMailインターフェイスを使ったメール送信や、画像処理のためのサービスも利用できる。画像処理は切り抜きや回転、リサイズ、色調整など基本的な操作が可能。JVM上で画像処理を行うこともできるが、App Engineで提供されるサービスを使うことでCPUリソースを節約できるとしている。

 また、URLを指定して特定の処理を定期的に行うための「Cron」や、CVSデータをApp Engine上にアップロードする「bulkuploader」なども利用できるほか、アイデンティティ管理や認証にはGoogle Accountsが使える。例えばGmailのアカウントを持っているユーザーであれば、Google Accountsを使ったWebアプリケーションに、すぐにログインできる。

すでにJRubyも稼働!?

 JRuby on Rails関連書籍の執筆で知られるThoughtWorksのオラ・ビニ氏は、4月8日付けのブログでJRuby on RailsをGoogle App Engine上で動かすポイントを解説し、「Google App EngineとJRuby on Railsは非常に説得力のあるテクノロジの組み合わせ」だとしている。JVM上では、JRuby以外にもJythonやGroovyといった動的言語、あるいは並列計算処理に向くFortressや関数型言語のScala、Clojureなど多くの言語が動く。こうした言語もGoogle App Engineで利用できる可能性が高い。

(@IT 西村賢)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Java Agile フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

注目のテーマ

- PR -
ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データか...

ドーモ、MobifyのEC向けプログレッシブWebアプリ(PWA)を提供開始
ドーモは、日本代理店として取り扱うMobifyの新しいEコマース向けプログレッシブ Webアプ...

動画広告に最適な「尺」「デザイン」「メッセージ」他、ヒトクセ 宮崎 航氏が語る実践的ノウハウ
本稿では、2017年5月11日に実施された「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」におけ...