IE 6撲滅へのカウントダウン

IE最新版への自動アップグレード、日本でも3月中旬開始

2012/03/06

 日本マイクロソフトは3月6日、Internet Explorer(IE)の自動アップグレードを、日本でも3月中旬から開始することを公式ブログで明らかにした。

 これに伴い、Windows Updateで自動更新が有効になっていると、IEが最新版へと自動的にアップグレードされることになる。Windows XP SP3でIE 6/7を利用している場合はIE 8が、Windows Vista SP2/7でIE 7/8を利用している場合はIE 9が適用される。

 なお、アプリケーション互換性などの問題から独自のアップグレード計画を予定している企業向けには、自動配布の無効化ツールキットを提供する。Windows IntuneやMicrosoft Windows Server Update Services(WSUS)、System Center Configuration Manager(SCCM)を使ってクライアントPCを管理している場合も、自動アップグレードの対象とはならない。

 同社は2012年1月から、世界各国で順次、IEの自動アップグレードを展開してきた。その理由の1つはセキュリティの向上だ。古いバージョンのアプリケーションを狙う攻撃が急増していることから、最新バージョンにアップグレードすることで、対策を強化できるとしている。さらに、ユーザーエクスペリエンスの向上やHTML5をはじめとするWeb標準への対応も図れるという。

 マイクロソフトは以前から、IE 6撲滅キャンペーンを展開。2012年1月3日には、IE 6の米国でのシェアが2011年12月に1%を切ったことを発表し、それを祝う画像も公開していた。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第7回 どこでも働ける時代にオフィスビルでつながること、学べること――三井不動産が変える日本橋の今と未来
日本橋再生計画という東京を代表する都市開発プロジェクトを主導する三井不動産が、日本...

心の扉を開くBtoBコミュニケーション――紙のDMの意外な力
BtoBにおける購買担当者の“心”の扉を開くにはどうすればよいのか? IT時代と言われる現...

第3回 「見込み客」を「確度の高い見込み客」にするための管理/育成手法
マーケティング部門の役割は、確度の高い見込み客(リード)と、見込み客に関する精度の...