IE 6撲滅へのカウントダウン

IE最新版への自動アップグレード、日本でも3月中旬開始

2012/03/06

 日本マイクロソフトは3月6日、Internet Explorer(IE)の自動アップグレードを、日本でも3月中旬から開始することを公式ブログで明らかにした。

 これに伴い、Windows Updateで自動更新が有効になっていると、IEが最新版へと自動的にアップグレードされることになる。Windows XP SP3でIE 6/7を利用している場合はIE 8が、Windows Vista SP2/7でIE 7/8を利用している場合はIE 9が適用される。

 なお、アプリケーション互換性などの問題から独自のアップグレード計画を予定している企業向けには、自動配布の無効化ツールキットを提供する。Windows IntuneやMicrosoft Windows Server Update Services(WSUS)、System Center Configuration Manager(SCCM)を使ってクライアントPCを管理している場合も、自動アップグレードの対象とはならない。

 同社は2012年1月から、世界各国で順次、IEの自動アップグレードを展開してきた。その理由の1つはセキュリティの向上だ。古いバージョンのアプリケーションを狙う攻撃が急増していることから、最新バージョンにアップグレードすることで、対策を強化できるとしている。さらに、ユーザーエクスペリエンスの向上やHTML5をはじめとするWeb標準への対応も図れるという。

 マイクロソフトは以前から、IE 6撲滅キャンペーンを展開。2012年1月3日には、IE 6の米国でのシェアが2011年12月に1%を切ったことを発表し、それを祝う画像も公開していた。

(@IT 高橋睦美)

情報をお寄せください:

TechTargetジャパン

Security&Trust フォーラム 新着記事

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る
- PR -

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、...

「手作り居酒屋 甘太郎」など224店舗で、セルフオーダータブレットに広告を配信
「手作り居酒屋 甘太郎」などを経営するコロワイドのグループ会社であるワールドピーコム...

協和発酵キリン、企業ブランディングを目的に音楽×ライフサイエンスを融合した『10 SOUNDS OF LIFE SCIENCE』を公開
協和発酵キリンは10月1日、企業ブランディングを目的としたWebコンテンツ『10 SOUNDS OF ...