将来はソーシャルネットワーキングと連携?

EMCがDropboxライクなサービスを買収、その目的は

2012/05/24

 米EMCは5月21日にSyncplicityの買収を発表した。これはDropboxやBoxに似た、ファイル同期/共有サービスを提供する企業。EMCのインフォメーション・インテリジェンス部門プレジデントであるリック・デベヌッティ(Rick Devenuti)氏は@ITに対し、日本語を含む主要言語への対応作業を即座に開始すると話した。

 オンラインサービスという観点でいえば、EMCはMozyというサービスを買収し、提供している(現在はEMCの子会社であるヴイエムウェアが運用を担当)。しかしMozyはデータバックアップサービス。ファイル同期サービスのSyncplicityは、これとはまったく別の取り組みとして展開していくという。また、ヴイエムウェアは、同社のデスクトップ仮想化/クライアントコンピューティング事業で、「VMware Project Octopus」というプロジェクトを進めている。Octopusでは、各エンドユーザーに対し、端末に依存しない仮想ワークスペースを提供する一環として、Dropbox的なファイル同期機能を開発中だ。Syncplicityは、Octopusと機能がかなり重複する。しかし、デベヌッティ氏は、この2つの統合もあり得ないと@ITに語った。「Octopusは企業内で動作するソフトウェアとして提供される。これに対してSyncplicityはサービスだ」。

syncplicity01.jpg 米EMC インフォメーション・インテリジェンス部門プレジデント、リック・デベヌッティ氏

 EMCの独立子会社となるSyncplicityは、「エンタープライズ版」Dropboxともいえるサービス。個人向けのサービスも行っているが、企業向けサービスに力を入れている。SAS70 Type II準拠をはじめとしてデータセキュリティに気を使う一方、SharePoinやSalesforce.com、Google Appsとの連携を大きな特徴としている。つまり、例えばユーザーが自分のPC上のSyncplicityフォルダにファイルを保存するだけで、職場で契約しているGoogle Apps上のGoogle Docsの同一名フォルダに自動的に複製される。Google Docsでこのファイルを編集して保存すれば、加えられた修正はユーザーPC上の同一ファイルに反映される。

 今回の買収の重要な目的は、同社のドキュメント/コンテンツ管理製品「EMC Documentum」との連携だと、デベヌッティ氏はいう。もちろん、ある企業がDocumentumで管理しているドキュメントのすべてを、Syncplicityによるファイル同期の対象とするわけではない。ドキュメントのサブセットを、オンライン/オフラインにかかわらず社内のユーザーで共有し、自在に閲覧・編集できるようにしていく。

 Documentumは社内導入型のソフトウェアに加え、サービスとしても提供されている。EMCは今後もコンテンツ利用・共有のユーザーインターフェイスとして、Documentumを推進していく。Documentumが将来、ソーシャルネットワーキング系のサービスやソフトウェアと連携していく可能性はないのかと聞くと、デベヌッティ氏は「もちろん考えている」と答えた。

 現在のDocumentumは基本的に、ユーザーが自分の利用する情報を探していく形態だ。しかし、社内で自分と仕事をしている他のユーザーが、どの情報をよく利用しているのか、自分が知っておくべき情報は何なのかをリアルタイムで把握できること、すなわち各ユーザーの仕事の「文脈」に応じて、自動的に情報を提示できるようになるために、ソーシャルネットワーキングとの連携が必要だとデベヌッティ氏は説明した。

(@IT 三木泉)

情報をお寄せください:


TechTargetジャパン

Server & Storage フォーラム 新着記事
  • グループポリシーの仕組み、理解できていますか? (2015/1/30)
     Active Directoryには、コンピューターやユーザーの設定を一元管理するための「グループポリシー」が提供されている。本連載では、グループポリシーの仕組みや導入方法、効果的な活用方法を紹介していく
  • 新しいHyper-Vは「チェックポイント」が変わる! (2015/1/29)
     Windows Server Technical Previewの「Hyper-V」には、さまざまな新機能と強化点がすでに実装されており、実機で評価できます。今回は、Hyper-Vの「チェックポイント」機能に注目し、現行バージョンと比較しながら、新バージョンの新機能や変更点を探ります
  • Microsoft Azureのスーパーパワーで“パワフル”“フレキシブル”“オープン”な開発を! (2015/1/28)
     クラウドファースト時代のソフトウエア開発者にとって、Microsoft Azureはどれだけ“使える”のか。コミュニティイベント「GoAzure 2015」で、マイクロソフトはクラウドとオープンシステムへの傾斜を深めた最新フレームワーク「.NET 2015」を紹介。Microsoft Azureは開発者にスーパーパワーを与えると強調した
  • 日本のOpenStackスーパーユーザーたち (2015/1/28)
     日本OpenStackユーザ会メンバーが持ち回りでコミュニティの取り組みや最新情報を語る本連載。今回は日本のOpenStackスーパーユーザーを紹介
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

キャリアアップ

- PR -

イベントカレンダー

PickUpイベント

- PR -

アクセスランキング

もっと見る

ホワイトペーパーTechTargetジャパン

ソリューションFLASH

「ITmedia マーケティング」新着記事

プログラマティックバイイングがネイティブ広告の急成長を促進、Criteo予測
ターゲティング広告プラットフォームを提供するCriteoは1月29日、2015年におけるEC業界予...

Facebookのデイリーアクティブ利用者8億9000万人へ
Facebookの2014年通期決算は124億7000万ドルで、前年同期比58%の増加。うち広告収入の売...

自然な外部リンクを獲得するには
アイレップは1月29日、Webサイトの自然検索結果順位の改善につなげる、自然な外部リンク...