EAP(PPP拡張認証プロトコル)

PPP Extensible Authentication Protocol

 リモートアクセスによるユーザー認証の際に用いられるプロトコルで、PPP(Point-to-Point Protocol)を拡張し、追加的な認証方法をサポートする。認証方式として、MD5、TLS(Transport Layer Security)、S/Keyなどをサポートしている。IEEE802.1xが採用し、同規格に基づいた認証プロトコルである

 また、さまざまな方式があり、サーバ/クライアントの双方で電子証明書を利用するEAP-TLS(Transport Layer Security)、ファンク・ソフトウエアとサーティコムが開発したEAP-TTLS、シスコ独自方式のLEAP(EAP-Cisco Wireless)、マイクロソフトとシスコなどが開発したPEAP(protected EAP)、そのほかEAP-MD5、EAP-RADIUSなどがある。

関連記事

関連用語

CHAP
EAP-TLS方式
MD5
PAP

リンク

Security&Trust フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH