公開鍵暗号方式

Public Key Cryptosystem

 秘密鍵(プライベートキー)と公開鍵(パブリックキー)の2つを1組として暗号通信を行う方式。公開鍵で暗号化したものは秘密鍵でしか復号できず、秘密鍵で暗号化したものは公開鍵でしか復号できないという性質を持つ。

 公開鍵は、Web上で公開したりメールなどで送付するなど誰でも入手できるようにして、暗号通信を行う。秘密鍵は片方だけが持ちネットワーク上を流通しないので、安全性が高い。本人確認を行う電子認証で利用される。

 例えば、AがBに対して暗号通信を行いたい場合、Bがあらかじめ公開鍵をAに送付する。これは暗号化に使うものでそれ自体に情報価値はないため、たとえ盗聴されても意味はない。公開鍵を受け取ったAは、その鍵でデータを暗号化してBに送信する。暗号化されているために盗聴されても解読できない。暗号化された情報を受け取ったBは、秘密鍵で復号して解読する。

 公開鍵暗号のアルゴリズムとして代表的なものは、DSA(Digital Signature Algorithm)、ECDSA(Elliptic Curve Digital Signature Algorithm)、RSAなどが挙げられる。

関連記事

関連用語

リンク

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH