tracert / traceroute

トレイサート / トレースルート

 ホスト間の経路情報を取得するためのコマンド。tracertはWindowsのコマンドで、tracerouteはUNIXのコマンド。

 tracert / tracerouteコマンドは、pingコマンドで疎通が確認できなかったホストに対して、経路上のルータなどに障害が発生していないか確認するために用いる。

 Windows OSで、あるホストまでの経路情報を確認する場合、DOSプロンプトから、

tracert ホスト名またはIPアドレス

と入力する。その結果、最大ホップ数(サブネット間を越えることをホップと呼ぶ)や、それぞれのルータの応答時間(3回施行した結果)などが表示される。応答時間の数値が異常に大きいホップがあれば、そこが遅延や不安定な疎通の原因になっているなどが判明する。

 tracert / tracerouteは、IPパケットの生存時間を示すTTL(Time To Live)の仕組みをうまく活用したコマンドである。例えば、tracert / tracerouteは、最初にTTLを1に設定してICMPパケットを送信する。しかし、1番目のルータが受け取った時点でTTLは1減算されるため、ルータはTTLの生存時間が過ぎたことを通知するICMP Time Exceededエラーを自身の情報と共に返す。これを受けて、ホストはTTLを2にして送信、2台目のルータの情報を入手。これを繰り返すことで、目的のホストまでの経路情報を取得するというわけだ。

Master of IP Network フォーラム 新着記事
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)

アイティメディアの提供サービス

キャリアアップ

- PR -
ソリューションFLASH