解説

ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力

第4回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(後編)

山田 祥寛
2003/07/29

Page1 Page2 Page3 Page4

Webユーザー・コントロールの作成

 サーバ・コントロール紹介の最後は、VS.NET上でユーザー・コントロールだ。ユーザー・コントロールは、これまでに登場した種々のサーバ・コントロールを組み合わせて、文字通り、ユーザー独自に構築されたコントロールをいう。

 このユーザー・コントロールの概念を用いることで、プロジェクト内で共通して使用する独自のコントロールをあらかじめ用意しておくことができる。ユーザー・コントロールは必ずしも複数のコントロールの組み合わせである必要はない。ひとつのコントロールの場合でも、プロパティをよく使用する値に設定したものを用意しておく、あるいは、共通のイベント・プロシージャを組み込んでおくことで、開発効率を格段に向上させることが可能である。

 ここでは、前々回に登場した検証サンプルの応用編として、ValidationSummaryコントロールを利用したユーザー・コントロールを作成し、Webフォームへの組み込みまでを行ってみることにする。

ValidationSummaryコントロールを利用したユーザー・コントロール
ユーザー・コントロールでは、種々のサーバ・コントロールを組み合わせて1つのコントロールを作成することができる。また、あらかじめ一連のプロパティ設定を行ったサーバ・コントロールをユーザー・コントロールとすることもできる。

(1)ユーザー・コントロールを新たに生成する

 ソリューション・エクスプローラのツリー図からプロジェクト名を右クリックし、[追加]−[Webユーザーコントロールの追加]を選択する。

Webユーザー・コントロールの追加
ファイル名は任意に決められるが、ここではsummary.ascxにする(拡張子がWebフォームの「.aspx」ではなく、「.ascx」である点に注意)。

 一見、Webフォームにも似たフォーム・デザイナが開かれるので、ここにいつもどおり、サーバ・コントロールを配置してみよう。配置するコントロールと最初に設定しておくべきプロパティの組み合わせは、以下のとおり。

コントロール プロパティ
ValidationSummary (ID) valSum
DisplayMode BulletList
EnableClientScript False
HeaderText ページ上で以下のエラーが発生しました
ShowMessageBox False
ShowSummary True
summary.ascx上のコントロール
 
summary.ascxのフォーム・デザイン
ValidationSummaryコントロールを配置する。エラー・メッセージの前には、HeaderTextプロパティに設定した文字列「ページ上で以下のエラーが発生しました」が表示されている。

 ValidationSummaryコントロールは、ほかの検証コントロールと異なり、それ自体で検証処理を行うものではない。その名のとおり、ページ内に配置された検証コントロールの結果を受け取り、サマリ表示するためのコントロールである。

 以下に、ValidationSummaryコントロールで使える主なプロパティの機能をまとめておく。

プロパティ 概要
DisplayMode リストの表示方法(List|BulletList|SingleParagraph)
HeaderText サマリされたエラー情報のヘッダ部に表示するリード文
ShowMessageBox サマリ結果をダイアログ・ボックス表示するか
ShowSummary ページ上にサマリ結果を表示するか
ValidationSummaryコントロールの主なプロパティ

 ShowSummaryプロパティをFalseに、ShowMessageBoxプロパティをTrueに、それぞれ設定した場合には、サマリされたエラー・メッセージはダイアログ・ボックスに表示される。もちろん、両プロパティをTrueに設定した場合には、画面上にもダイアログ・ボックスとしてもエラー・メッセージが表示される。


 INDEX
  ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力
  第4回 Visual Studio.NETでプログラム・レス開発を学ぶ(後編)
    1.Calendarコントロールで簡易予定表を作る
    2.予定を格納するデータベースの作成
  3.Webユーザー・コントロールの作成
    4.Webユーザー・コントロールを配置する
 
インデックス・ページヘ  「解説:ASP.NETで学ぶVisual Studio .NETの魅力」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH