.NET TIPS

コンソール・アプリケーションでビープ音を鳴らすには?[C#、VB]

デジタルアドバンテージ 遠藤 孝信
2008/12/25

 コンソール・アプリケーションでユーザーの注意を引く手段の1つとして、ビープ音(PCに内蔵されているブザー)を鳴らすという方法があるが、エスケープ文字である「\a」(C#の場合、VBでは「Chr(7)」と記述)を画面に出力すれば、簡単にこれを行える。

 以下はビープ音を鳴らしながらメッセージを表示するコードの記述例だ。

using System;

class ConsoleBeep {
  static void Main() {
    Console.WriteLine("\aパスワードが間違っています。");
  }
}
Imports System

Class ConsoleBeep
  Shared Sub Main
    Console.WriteLine(Chr(7) & "パスワードが間違っています。")
  End Sub
End Class
ビープ音を鳴らしながらメッセージを表示するサンプル・プログラム(上:C#、下:VB)

 なお.NET Framework 2.0以降では、Consoleクラス(System名前空間)にはBeepメソッドが用意されており、これを使えば音程の異なるビープ音を鳴らすことも可能だ。これについては「TIPS:ビープ音などのシステム・サウンドを鳴らすには?」で解説している。End of Article

カテゴリ:クラス・ライブラリ 処理対象:サウンド
使用ライブラリ:Consoleクラス(System名前空間)
関連TIPS:ビープ音などのシステム・サウンドを鳴らすには?

この記事と関連性の高い別の.NET TIPS
ビープ音などのシステム・サウンドを鳴らすには?
このリストは、(株)デジタルアドバンテージが開発した
自動関連記事探索システム Jigsaw(ジグソー) により自動抽出したものです。
generated by

「.NET TIPS」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH