連載:ADO.NET Entity Framework入門

第5回 POCOによるエンティティ・クラス

WINGSプロジェクト 土井 毅 著/山田 祥寛 監修
2010/11/05
Page1 Page2 Page3

■生成されたオブジェクト・コンテキスト・クラスの確認

 オブジェクト・コンテキストは、データベースとの永続化処理を担当する、3層アーキテクチャでいえばデータ層で使用するコードである。

 そのため、自動生成されるオブジェクト・コンテキストであるAddressBookContainerクラスの定義は、これまでと同様、Entity Frameworkに依存した実装が行われている(リスト3)。

// Entity Frameworkのコンポーネントをusing
using System.Data.EntityClient;

// ObjectContextクラスを継承
public partial class AddressBookContainer : ObjectContext
' Entity FrameworkのコンポーネントをImports
Imports System.Data.EntityClient

' ObjectContextクラスを継承
Partial Public Class AddressBookContainer
    Inherits ObjectContext
リスト3 オブジェクト・コンテキスト・クラス(上:Model1.context.cs、下:Model1.context.vb)
オブジェクト・コンテキストはデータ層のため、Entity Frameworkに依存する。

 なお、POCO Entity Generatorで生成されたオブジェクト・コンテキストは、Visual Studio 2010標準で生成されるオブジェクト・コンテキストよりも定義されているメソッドが少ないようである。

 例えば、前回までEntryエンティティをデータベースに保存するために用いていたAddToEntriesメソッドは、今回生成されたオブジェクト・コンテキストでは定義されていない。そのため、保存処理部分ではリスト4のように一部のコードを修正する必要がある*3

*3 なお、定義がなくなったAddToEntriesメソッドなどは、コード中のコメントによれば非推奨メソッドとなっており、今回のようにAddObjectメソッドを呼び出すよう推奨されている。

// Entryエンティティをデータベースに追加
// container.AddToEntries(entry1);
// AddToEntriesメソッド定義がなくなったので、
// AddObjectメソッドに切り替え↓
container.AddObject("Entries", entry1);

// 変更内容を保存
container.SaveChanges();
' Entryエンティティをデータベースに追加
' container.AddToEntries(entry1);
' AddToEntriesメソッド定義がなくなったので、
' AddObjectメソッドに切り替え↓

container.AddObject("Entries", entry1)

' 変更内容を保存
container.SaveChanges()
リスト4 データ保存の際のコードの修正

 こうしたわずかな変更を除き、基本的にエンティティ・クラスを使用するコードに修正は必要ない。これまで作成してきたサンプルの実行結果も、まったく同じとなるため、ここでは割愛する。

 今回のサンプルでは、ビジネス・ロジックからオブジェクト・コンテキストを直接呼び出す個所も残っており、3層アーキテクチャに基づく分割は行っていない。しかし、POCO化によりエンティティ・クラスからEntity Frameworkへの依存が除去されたことに注目しておきたい。

 例えば永続化処理をデータベースではなく、XMLファイルに行いたい、という場合においても、エンティティ・クラスは永続化処理に依存していないため、コードの修正個所を狭い範囲に留められるだろう。

【コラム】「コード・ファースト」開発スタイルのサポート

 Entity Framework 4における、POCOによるエンティティ・クラスのサポートは「コード・ファースト」と呼ばれる新たな開発スタイルへの扉を開いたようだ。

 詳細は「Entity Framework 4でコード・ファースト開発」を参考にしてほしいが、EDMを明示的に作成することなく、POCOによるエンティティ・クラス定義と、非常に簡潔なコンテキスト・クラスを作成するだけで、設定ファイルすらも必要としないデータベースの永続化処理が完結している。Ruby on Railsなどのフレームワークで採用されている「設定に勝る規約(convention over configuration:CoC)」の思想が取り入れられているようだ。

 この記事によれば、.NET Framework 3.5からサポートされていた「データベース・ファースト」(本連載では第4回でデータベースからのリバースとして解説)、.NET Framework 4でサポートされた「モデル・ファースト」に加え、よりコード中心の開発スタイルとして「コード・ファースト」が追加された、という位置付けになるようだ。ただ、このコード・ファーストという開発スタイルが、Entity Frameworkが当初より目標としてきた、概念モデルによるプログラミング、という思想とどのように折り合いを付けていくのかは、まだ未知数である。

 記事を見る限り、概念モデルと論理モデルが大きく乖離(かいり)することはなく、Entity Frameworkのマッピング機能をフル活用するというよりは、POCOによる迅速な開発が行えることに主眼が置かれているようである。

 しかし(個人的な感想だが)記事でサンプルとして示された、コード・ファーストによる開発スタイルには、Ruby on Railsを初めて見たときに近い衝撃を受けた。(積極的に活用するかは別として)データベースの自動生成機能まで備えているのには仰天である。

 この「コード・ファースト」はまだCTP(Community Technology Preview)4の段階だが、データベースに基づくアプリケーション開発の生産性を高めてくれる大きな可能性も感じ取れる、正式なリリースが楽しみな開発スタイルである。

まとめ

 Visual Studio 2010の拡張機能であるPOCO Entity Generatorを使うことにより、POCOによるエンティティ・クラスを短い手順で生成することができた。記事冒頭にも記したとおり、POCOによるエンティティ・クラスのサポートは、N層アーキテクチャでのEntity Frameworkの活用へとつながっていく。

 次回は「自己追跡エンティティ」と呼ばれる、.NET Framework 4でサポートされた新しい機能を活用し、N層アーキテクチャにおいて、データ変更を適切に管理する手法について検討したい。End of Article

 

 INDEX
  ADO.NET Entity Framework入門
  第5回 POCOによるエンティティ・クラス
    1.POCOと永続性非依存(Persistence Ignorance)原則
    2.POCOによるエンティティ・クラスの作成/【コラム】T4テンプレート
  3.生成されたオブジェクト・コンテキスト・クラスの確認/【コラム】コード・ファースト
 
インデックス・ページヘ  「ADO.NET Entity Framework入門」


Insider.NET フォーラム 新着記事
  • 第2回 簡潔なコーディングのために (2017/7/26)
     ラムダ式で記述できるメンバの増加、throw式、out変数、タプルなど、C# 7には以前よりもコードを簡潔に記述できるような機能が導入されている
  • 第1回 Visual Studio Codeデバッグの基礎知識 (2017/7/21)
     Node.jsプログラムをデバッグしながら、Visual Studio Codeに統合されているデバッグ機能の基本の「キ」をマスターしよう
  • 第1回 明瞭なコーディングのために (2017/7/19)
     C# 7で追加された新機能の中から、「数値リテラル構文の改善」と「ローカル関数」を紹介する。これらは分かりやすいコードを記述するのに使える
  • Presentation Translator (2017/7/18)
     Presentation TranslatorはPowerPoint用のアドイン。プレゼンテーション時の字幕の付加や、多言語での質疑応答、スライドの翻訳を行える
@ITメールマガジン 新着情報やスタッフのコラムがメールで届きます(無料)
- PR -

注目のテーマ

Insider.NET 記事ランキング

本日 月間
ソリューションFLASH